So-net無料ブログ作成

さらば、Kiss DX [カメラ機材]

KissDX-1.jpg

物を擬人化して述べるのは好きではないけど、Kiss DX、オマエは実にイイ奴だった。
2007年1月に我が家にやって来た時は、1D MarkⅡのサブ機としてだった。それまで「サブ機など贅沢だ」と思っていた私に、写真撮影の幅と言うやつを教えてくれたのは、オマエだったのかもしれない。確かにサッカー撮影に使ったら、まったく不本意な成績しか残せなかったし、レンズキットに付いてきたEF-S18-55 F3.5-5.6(IS無し)との組み合わせでは、どうも作画意欲に乏しいのは否めなかった。
1D系には遠く及ばないその性能でも、そのコンパクトなボディに着目すれば、意外な使用頻度を生んだ。年間撮影枚数3~5万枚の1D系に比べれば、このKiss DXは在籍4年の聡ショット数は1万枚にも達しない。けど、自宅の防湿庫から取り出す回数は、このKiss DXが一番多かったのも事実。サッカー撮影のお伴に、街中のスナップ撮影に、ブログに載せる物撮りにと、気軽に持ち出せ、素早く取り出せ、RAWで撮れば今でも充分使える画質と、実に重宝してきた。コンパクトなボディとシンプルな構成が、そしてこれまで一度もエラーやトラブルとは無縁でいたことも、意外と私に、そういった用途での使い易さと安心感を与えてくれた。
レンズを SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC Macroに替え、SIGMAでのピント調整を終えてからは、この組み合わせでずっと使ってきた。ズーム比は3倍にも満たないし、手ぶれ補正機能も無いレンズだが、F2.8の明るさは、一眼らしい画を得るために何物にも代えがたいし、簡易的とはいえ、マクロ的に使える最短撮影距離は、ちょっとした物撮りにも躊躇なく使えた。色乗りが豊かとは言い難いが、SIGMAらしいシャープな画は好みだし、ピント精度も、どの測距点を選んでも心配なく、こうした用途に安心感を持って持ち出せたのが、この使用頻度に繋がったのだろう(動体撮影だけはムリだが)。
Kiss DXの上役は、1D2から1D3、そして今は1D4となり、サッカー撮影におけるサブ機の座は7Dに譲ったが、4年以上経っても私的には、充分使えるカメラだと思っていた。それが今回、思いがけず手放さなくてはならなくなり、口惜しい気も無いわけではない。しかし、始まりがあれば、終わりも必ず来る。今この時点で、新しいオーナーの元に旅立つことは、オマエの更なる活躍の機会の増加と、新オーナーに撮る喜びを与えることに繋がるかもしれない。そう思って、気持ち良く送り出すことにした次第。旅立ち前夜、綺麗にブラッシュアップしたが、新天地でも可愛がってもらえるだろうか。愛着を持って今後も使われていくことを、今はただ願っている。
さらば、Kiss DX。オマエは実にイイ奴だった。
 
 
 
 
KissDX-2.jpg

と、そんなわけで、Kiss DXとSIGMA 18-50 F2.8 は、ウチの防湿庫から出て行ってしまったのですが、不要になったから売却したとか、何かの下取りに出したとか、もちろん不具合が出たから手放したとかの理由ではありません。実は、東京生活2年目を迎える愚息1号の元へ行ってしまったのです。
震災の影響で遅くなった春休みに帰郷していた愚息が、何を思ったものかいきなり、一眼レフカメラが欲しい、と言いだしました。それまでまったく興味を示さなかったのに、そんな事を言い出すとは、たぶん友人などから感化されたに違いないのですが、そこはまあ親ですから、同じ趣味を持ってもらう事は、基本的には嬉しい事です。一過性で終わるのか、それとも順次熱が増していくのか、撮影と言っても多岐にわたりますし(まさかサッカー撮影はやらないでしょうが)、まあとりあえずはコンパクト&シンプルなKiss DXを渡してみる、というところから始めました。
でもねえ、絞り優先AEも、ISO感度も知らない超初心者に、とりあえずの簡易レクチャーはしたものの、どんな写真を撮るのか(撮れるのか)ねぇ。まあ、どれだけ撮っても費用のかからないデジタルだからいいですけど・・・

nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 8

コメントの受付は締め切りました
副将

拝読しました。

いや~ とても残念なお話です。
ところで、どういった理由で手放すのでしょうか。
故障というわけでもなさそうですねえ。

by 副将 (2011-05-05 20:59) 

ゼク

実は僕もフィルムカメラから一念発起して買った始めてのデジタル一眼はKDXであります。
このKDXが僕に一眼のよさを再認識させてくれました。それまでのフィルムとは違い枚数がたくさん
撮れるので成功率が一気に上がりました。そんなKDXもその後1D3、5D2、1D4と買い増ししたために
最近の出番は減りましたが、手放せずにいます。

写真とは記憶を残して記録と出来るものです。
たくさんの写真は時間が経つほどに値打ちが出ます。
そんな日常の何気ない写真の中に素晴らしい瞬間が隠されていることをジュニアユースなら
十分理解されていると思います!今後とも親子二代に渡ってKDXが活躍される事をお祈りいたします!
by ゼク (2011-05-05 23:14) 

ジュニアユース

コメントありがとうございます。

副将さん、こんにちは。
いや~、故障でも不具合でもなく、愚息1号に渡してしまったんですよ。今となってはシンプルな
Kiss DXだから、まずはこれで・・・、ってね。

ゼクさん、こんにちは。
1D3を買った時は1D2を、1D4を買った時は1D3を、躊躇なく手放したのですが、なぜかKiss DX
だけは、ずっと手元にありました。初心者向けとか女性向けと言われるKissですが、意外と手軽に
使える便利な機種ではないでしょうかね。愚息がどんな画を撮ってくるのか楽しみです。

by ジュニアユース (2011-05-06 22:30) 

kotodaddy

こんばんは。
私も一時期使っていました、Kiss DX^^
1Dを代替えされても、7Dを買い増しされても、手許に残されていましたが、
それを手放されたとの事で非常に驚きました。でも、そういう理由でしたか^^
この譲り渡しがジュニアユース家親子関係の新たな歴史の一歩になりそうな、
そんな予感がしますよ。だって、このカメラでサッカー写真でも撮ってくれそう
じゃないですか。そう考えると、役目重大な、そして幸せなKiss DXですね^^
あ、でもジュニアユースさん所有のレンズも狙われちゃうかな・・(笑)。
by kotodaddy (2011-05-06 22:36) 

wataru-wata

こんばんは。

ジュニアユースさんにとってもkiss DXが当方にとっても20Dですね。
かく言う私の初めて買ったデジタル一眼である20Dも、今や奥さんのパントリーの中に眠ったままです。
EF-S10-22やEF-S60マクロ等、手軽に使えて楽しいレンズを装着すると、楽しい画が撮れるので手元に残しております。
ただ、室内で子供を撮影する時はISO感度がどうしても足らず、なかなか出番を見出せないのが残念です。

今の感じでは、おそらく娘が使う事になりそうですが、それでも使ってもらえるならば・・・との思いの方が強い私です。

by wataru-wata (2011-05-06 23:25) 

ジュニアユース

コメントありがとうございます。

kotodaddyさん、こんにちは。
愚息1号の一時に気まぐれになるかもしれませんし、まあ私はそれほど期待してもいないんですけどね。
サッカー撮影なんて、まず無理でしょうし。ウチの防湿庫の中を気にするぐらいになってくれれば、
それはそれで大変なんでしょうけど。

wataru-wataさん、こんにちは。
そちらは娘さんですか。それもまたイイですね。女性には女性の感性というか、視点がありますから、
きっとまた違った写真を撮られるんでしょうね。そうして、共通の趣味を持っていくのもまた、楽しいもの
ですね。

by ジュニアユース (2011-05-07 22:25) 

tm-engineering

こんばんは。
当方もKDNが手元にあります。最近はその役割をすっかりG12に奪われていますが、子供がたまに使うので、下取り価格もしれている事もあり、残してあります。ただ、適当なレンズがありません。壊されても惜しくない物を探しています。
by tm-engineering (2011-05-10 20:23) 

ジュニアユース

tm-engineeringさん、こんにちは。
一眼を日常使う人にとって、こうした小型の機種は、チョイ撮りに便利で、なかなか手放せない人も多いようで。
デジタル一眼が、もっと成熟期になったら、こんなシンプルな機種もまたよいのかもしれませんね。

by ジュニアユース (2011-05-10 21:04)