So-net無料ブログ作成

アクア(後編) [日々の徒然]

アクア2-1.jpg

さて、やっと納車されたアクア。上の写真を見ても分かるとおり、Aピラーがかなり寝ています。また、小型車としての全高も、かなり低く抑えられています。これらは空気抵抗を減らし、前面投影面積を小さくする目的であることが一目瞭然。こうした小型車では、少しでも室内空間を確保するのが常なのですが、アクアは「まず燃費ありき」で作られた車であることが分かります。
その燃費なのですが、1000km弱走って、まだ1回しか給油したことが無いので、あくまで概算ですが、市内走行中心で20~23km/lぐらい、ハリアーの1/4倍です。対して、高速道路を多用しても、そんなに燃費が格段に良くなるわけではないようです。燃費を良くするためには、アクセルの踏み方加減が大きく影響するのは他の車と同様ですが、ハイブリッド車の場合は、いかにモーターだけで走る距離を稼ぐか、で変わってきます。高速道路などでは、たとえ一定速度で走っていても、80kmなり90kmなりの速度を出そうとすれば、通常エンジンが駆動し続けています。対して市街地では、アクセルオフにすれば直ぐにモーター駆動のみになりますし、ノロノロ走る限りにおいてもモーターのみで走行します。この電気モーターも、専用バッテリー(通常エンジン用のバッテリーは別に積んでます)の充電状況に依存しますから、バッテリーが減って来ればガソリンエンジンを駆動して充電することになります。まあ、理屈的にはそんな感じなのですが、それらは車任せで良く、運転する側に特別なことは何も要求されません。普通に運転すれば普通に走ります(当たり前か)。ただ、ディーラー担当者からは、「ハイブリッド車に乗ると安全運転になりますよ」と言われましたが、それは本当だと実感しました。やっぱり、せっかくのハイブリッドなのだから、それなりの燃費を期待したいところで、そうなると急加速などしないし、ジワ~ッとアクセルを踏むようになりますね。ちなみに燃料タンクはカタログでは36リットルとのこと。満タンでも5000円ほどで済むのは助かります。

アクア2-2.jpg

室内は、Aピラーがあの角度ですが、前席に座ってフロントウインドウの圧迫感はあまり感じません。小型車の割に前席が後ろにあるお蔭でしょうね。それでは後席が狭いか、といえば、確かに広くはないです。けど、大人2人が座る分には、このクラスの車としては「何とか普通」というところでしょうか(後席3人乗車は短時間でもキツイ)。でも、空気抵抗を避けるためにルーフが後ろに行くに従いなだらかに低くなっているので、後席の頭上空間ははっきり言って狭い。シートを低くして確保しているようですが、そのせいもあって長時間大人が座り続けるには厳しい感じがします。このアクアのコンセプトとして、「あくまでシティコミューターである」ということが感じられますね。上記のように、ルーフが後ろになだらかに低くなっていること、後席も低く後ろにしたことで、リアのラゲッジスペースも広くはありません。立派なリアバンパーが付いてますが、フィットなどのように、もう少しリアゲートを下げてバンパーとの差を少なくすれば、ラゲッジスペースの容量を確保できるのではないか、と思うのですがネ。

アクア2-3.jpg

昨年末に小規模なマイナーチェンジがあったそうで、そこで騒音面と乗り心地が改善されたようです。乗っていて静寂な車という印象は無いですが、小型車としては平均的。というか、モーター音がしますから独特かも。小型車にありがちな軽々しい動きではない、意外にどっしりした乗り心地です。高速道路でも直進性に不満はありません。このサイズの割に約1100kgの車重が影響しているのかもしれません。
ただ私が一番気に入らないのは、内装がどうにも安っぽい事。この面ではいつも期待を裏切らないトヨタ車としては、インパネ周辺のプラスチック部分が一昔前の感じです。表面処理に統一感が無く、妙に段差も多い。カタログでは分かりずらいですが、はっきり言って安っぽい。オートエアコンは今や標準装備が当たり前として、温度調節のダイヤルがこんなに大きくする意味があるのか。ハザートランプのスイッチが手元にあるのは良いとしても、めったに触らない時計の調節スイッチがあんなに大きくて良い場所にある意味が理解しかねる。これらの点は個人的な感覚次第でしょうが、内装に関しては期待しない方が良いと思います(その点を改良したマイナーチェンジが今年末にあるらしいです)。
逆に一番気に入ったのは、スマートエントリー&スタートシステム。もう既に他車でも採用されているので、今更と思われる方もいらっしゃるでしょうが、私は初体験。これは便利ですね。スマートキーをポケットやカバンの中に入れておけば、ドアノブに触るだけでロックされたり解除できたりでき、エンジンスタートもボタン一押しでOKで、カギを触る必要性は無し。ドアミラーの格納もセットになっていて、いや~これは気に入りました。
ハリアーの時は、「せっかく4WDにしたのだからとスタッドレスタイヤも」と用意しましたが、我が地方では出番は1年に1度有るか無いかで、殆ど無駄でしたから、今回は購入予定なし。車を買うごとにアルミホイールも好みのものに替えてきましたから、今回のアクアも何かに替えようか(今は鉄ホイールに樹脂キャップ)と考えてます(懐の頭り方次第ですが)。総じて、このクラスのハイブリッド車としては、やはり後発のフィット・ハイブリッドの方に分があるように思えますが、下取り額や値引きで頑張ってくれたので、今のところまずまず満足です。これからサッカー場通いに頑張ってくれるでしょう。

nice!(4)  コメント(4) 

nice! 4

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
wataru-wata

おはようございます☆

HV車ですが、街中では普通に走っているのに高速だと凄く飛ばす印象が強いです。

特にプリウスなんて、何がエコ車だ!?って恐ろしい勢いで走ってる印象が強いのがおもしろいところです(笑)

当方、HVの停止~モーターのみで始動~途中でエンジンON。この流れがすごく違和感を感じてしまい、苦手なんです。

家内の車はアイドリングストップが付いているのですが、絶対にOFFにしております(汗)

こんな考えじゃ、時代から取り残されちゃうかなぁ(爆)
by wataru-wata (2014-10-30 07:42) 

ジュニアユース

wataru-wataさん、こんにちは。
確かに、モーターで走っていて、いきなりエンジンがかかったりしますから、ハイブリッド車は独特です。
でも音では分かりますが、その瞬間のショックや繋がりの滑らかさには進歩を感じます。
まあ、でもやっぱり、ハイブリッド車は運転を楽しむ車ではないことは確かですね。

by ジュニアユース (2014-10-30 21:45) 

Hobby

こんにちは♪ (^o^)

この車種、横から見るとこんなにフロントウィンドウが寝てるんですね。
この燃費の良さに慣れてしまうと、もう戻れないでしょうね〜♪
時代は、明らかに小燃費志向へと向かってますもんね。

自分もハイブリッドまではまだ踏ん切りがつきませんが、某ドイツ車クーペを手放して軽自動車にしました。
維持費と燃費、保険料の安さに驚愕していますよ。
by Hobby (2014-11-02 17:19) 

ジュニアユース

Hobbyさん、こんにちは。
Hobbyさんも軽自動車にされたのですか。売れてますよねぇ、軽自動車。一時私も考えたことがあります。
円安傾向はしばらく続きそうで、そうなるとガソリン価格が下がる見込みは無いですしね。
その点でアクアにして、ハリアーの1/4のガソリン代で済むので、我が家では大変助かってます。
まず燃費、で車を語るのは、ちょっと寂しい気もしますが。

by ジュニアユース (2014-11-03 22:11)