So-net無料ブログ作成

天皇杯 前編 [サッカーあれこれ]

サッカー好きの方ならご存知の事と思いますが、毎年行われる天皇杯が、現在全国各地の会場で行われています。この天皇杯、今年で第90回ということです。
天皇杯1-1.jpg

高校生でも大学生でも、社会人チームでもクラブチームでも、もちろんプロも参加して、同じ土俵で戦い、その年のナンバーワンを決めるのが、この天皇杯です。年代や立場の枠を超えて、しかもこれほどの全国規模で大会を行っているのは、(私の知る限り)サッカーの天皇杯ぐらいではないでしょうか。そしてそれが、今年は90回目を迎える。ということは、90年も続いているということも驚きです。もちろん、当初は今のような形ではなかったようですし、参加チームもグッと少なかったですが、それでもこうした大会が続けられたことが、今の隆盛の礎になったと言えると思います。
そんな天皇杯ですが、今年はワールドカップの影響でJリーグ日程が過密のせいか、一回戦が9月3日、二回戦が9月5日に行われました。一回戦を勝ち上がったチームは、僅か中一日で二回戦を戦わなければならないところが辛いところです(ちなみに昨年は、一回戦が9月19~21日、二回戦が10月10~11日)。この天皇杯に出場するアマチュアチーム(一回戦を戦う都道府県代表が全てアマとは限りません)が口をそろえて言うのは、「プロのJリーグチームと対戦したい」。そのJチームが登場するのは二回戦からですから、何とか一回戦を勝ち上がっても、十分な準備ができないまま、念願のプロとの対戦となる訳です。一試合で10km以上のダッシュを繰り返し、体力消耗の激しいスポーツであるサッカーで、中一日というのは、いくら高校生や大学生でもキツイでしょう。
会場で500円で販売されている冊子。もちろん今大会のトーナメント表が掲載されているのですが、一回戦に登場する都道府県代表チームのチーム名が記載されていません。各県の出場に至る試合結果も未記載の所が多いし、もちろん出場チームの紹介記事も無し。最終的に出場全チームが決まったのは8月29日で、その5日後に一回戦ですから、いくら印刷屋さんが頑張っても無理というもの。これをみても、今回の日程が、かなり無理があったように思われてなりません。
こうしたプロとアマチュアが混在するトーナメント戦では、実力上位のチームが負ける大物食い(ジャイアントキリング)が、しばしば話題になります。特にサッカーのようなロースコアーゲームでは、そうした番狂わせが起こりやすいですし、現に毎年そういった例が見られます。それを楽しみにして見ている方もいらっしゃるかもしれませんね。そういった方にとっては、今年は見応えの無い年になってしまうかもしれません。例年以上の猛暑の中で精根尽き果たして勝っても、体力回復途上でJチームと対戦しなくてはならないのですから、なかなかハンディが大きそうです。
ワールドカップイヤーの弊害といえばそうなるでしょうが、Jリーグの日程を優先した結果、天皇杯の一回戦・二回戦の日程にしわ寄せが来た、と言われるのも分かる気がします。それでも天皇杯は、90年も続いている伝統ある大会。日本全国全てのサッカーチームを対象に、その年の最強チームを決める大会。確かにJリーグのルーティーンな試合に比べれば、一・二回戦などは注目度も観客数も足元にも及びませんが、Jクラブ37チームよりも多くのアマチュアチームや大学・高校・ユースチームが都道府県代表、あるいはJFL代表や大学代表として出場しているですから、思う存分力を発揮できる体制にしてあげたいと、個人的には思います。
この天皇杯も、四回戦以上になると、ほぼJ1チームしか残っていないのが例年のこと。そうなると、Jのカップ戦と同じような感じ。それを考えると、三回戦ぐらいまでがこの大会らしい意義ある対戦が見られる、天皇杯の醍醐味は三回戦まで、と思うのですが、これはちょっと言い過ぎでしょうね。

天皇杯1-2.jpg

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカー撮影01(汗) [サッカー撮影]

サッカー01-01.jpg

真夏の強烈な日差しが照りつけるグランドの片隅に立つ。
帽子を被っていても、滝のように流れ落ちる汗が、ファインダーを覗く目に入り、痛い。
右手で握るカメラボディは、黒色のせいで焼けるように熱い。
思わず、首に掛けていたタオルをカメラに被せた。
しかし、そのタオルとて既に汗を吸いこんでいて、じっとりと重い。
それでも昨日の人工芝グランドに比べれば、まだまし。
人工芝からの反射熱は、陽炎となって容赦なく襲いかかり、周りの温度を体温以上に簡単に上げてくれた。
もう何年も夏はこんな感じ。
いつものことさ、と強がって見せるが、歳と共に衰える体力は、ちょっと感じていたりする。

サッカー01-02.jpg

でも今、眼の前にはサッカー選手がいる。
汗を飛ばし、相手と、自分と、ボールと、暑さと、歯を食いしばって格闘している選手たち。
灼熱のサッカー場で、彼らの汗の匂いの中で、飛び散る汗にレンズを向ける。
邪心の無い彼らの姿が、美しく感じるから。
それをそのまま、形にして残しておきたいから。
その想いが、私にシャッターを押させる。

サッカー01-05.jpg

体がおかしくなったんじゃないか、と思うくらいに汗が出る。
もちろん、それを補うために補水する。
日が落ち、ナイターとなっても涼しさは皆無。
こんな状況で疲れない訳が無い。
夏のサッカー撮影は、体力勝負。
それでもやっぱり、今しか撮れない画はある。

サッカー01-04.jpg

サッカー01-06.jpg



以前のブログ「マイ趣味ライフ」で、「少年サッカーの撮影」という題で80回にわたって私見を書き続けてきました。この新ブログでも、もちろんサッカー撮影に関して書き綴っていくつもりですが、以前とは少し趣を変えてみようと思います。内容的にこれまでと重複する所が出てくるかもしれませんが、以前の「子供のサッカーを撮る保護者向けのHow to的なもの」から、「サッカー撮影に関する話題の提供と私なりの考え」という風にしたいと思っています。そして、少年サッカーという括りを解放して、年代や性別を問わない、広くサッカー撮影を対象としたものとしたいと思っています。お付き合いいただければ、幸いです。



それでも、全開活動中です


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

 [日々の徒然]

長いと思っていた夏休みも終わり、今日から2学期が始まります。ウチの愚息2号も、何とか宿題を間に合わせたようで・・・
 
ゆ.jpg
 
8月最終日の昨日、宿題をやっと片づけた愚息2号と男二人で、近くの大型浴場へ行ってきました。
本当は、山間の涼しげな温泉宿で夏の疲れを癒す、というのが理想なのですが、現実にはそうもいかず。そうした私のような人を対象にしたのが、都会にあるリラクゼーションを目的とした銭湯。銭湯といっても昔の、壁面に富士山の画の書いてあるような古典的なものではなく、露天風呂やサウナを含む各種のお風呂と休憩室やレストラン等の施設を完備した、現代的なもの。我が家の近所のココは、まだできて1年ほどで、最新でキレイ。
夏休み最後の日ということで、私と同じような趣向なのか、子供連れの方が多く、平日にもかかわらず、結構な混み具合。それでも、家庭の小さな風呂とは段違いの解放感。ゆっくりと疲れをいやすことができました。「サウナに入ってみようよ」と息子が言うので、二人で我慢比べ。振り返ってみれば、入ってすぐに飛び出してきた息子も、今ではなかなか頑張れるようになり、そんな変なところで成長を確認した次第です。
タオル片手に、二人で歩いて帰ってきたのですが(我が家から歩いていける距離にあります)、せっかくサッパリと汗を落としたのに、道中また汗をかいてしまいました。夜になっても気温は30度を超えてます。今夏のこの暑さ、これじゃあ疲れがたまるのが当たり前ですね。風呂上がりに、秋の涼しげな風を感じられるようになったら、もう一度行こうかな、と思っています。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー