So-net無料ブログ作成

ディースペック [カメラ機材]

あ~あ、また買ってしまいました、カメラバック。しかも前回買ったのと似たようなものを。

ディースペック1.JPG

日常のちょっとした外出にもカメラを持って出たい、でも如何にもカメラバックというのはイヤだ、ということで、エツミの「very-M」というバックを購入したことは、以前ご報告したとおり。このバック、結構気に入っていて、私の当初の目的に合致したベストチョイスだ、と思ってました。ところが、愚息1号がKiss DXを持って行ってしまうと状況一変。日常使いが7Dになってしまうと、ちょっと小さい。ボディ+標準レンズだけなら問題ないのですが、今の季節は上着など着ないので、財布なども一緒に入れようとすると、どうもカメラの出し入れがキツイ。キツイと、サッと取り出して撮る、という当初の目的ができにくくなる。Kiss DXと7Dの大きさの違いを実感してしまって、また物欲が。で、所要のついでに、名古屋のビックカメラに足を向けてしまったのが運のツキ。同じくエツミの「ディースペック ロータスブルー」を手に帰ってきてしまいました。
http://www.etsumi.co.jp/catalog/product_info.php?cid=111&pid=28&page=2

ディースペック2.jpg

でもね、ちょっとだけ言い訳させてください。エツミというメーカーが特に好きなわけではありません。ただ、以前のバックは凄く気に入っていたんです。7Dになって、もう少しだけ大きければ、それで良かったんです。店内を見回して、両手が使えるショルダータイプ以外はパス。いかにもカメラバックという黒系もパス。大きすぎると持ち出すのに億劫になるのでパス。売価1万円以上のものもパス。取り出し口がファスナーだと素早く取り出せないのでパス。と、取捨選択していくと、コレが残ってしまったわけです。
正面から見ると、大して大きさが変わらないようですが、横から見ると違いが分かると思います。肩掛けした時の装着感を考え、上に行くほどマチ幅が薄くなっている従来のvery-Mに比べると、そうではないこのD-spec収納力と取り出しやすさが違います。それはサイドポケットにも言えて、飾り程度のvery-Mに比べれば、D-specは現実的に使えます。その代り、フルに入れて肩掛けすると、バックの厚みを如実に感じられ、軽快感やフィット感はありません。そう考えると、以前のチョイスが間違っていたというよりも、これら2つのバックをケースバイケースで使い分けていける利点の方に、大きな魅力を感じていたりします(言い訳ですが)。本当はもう少し違った色がよかったのですが、選択肢がなかったので、同じ色になってしまったことぐらいが今のところの不満点です。

ディースペック3.JPG

さて、とりあえず体制は整いました。あとは、何処に行って、何を撮るかですが、まあそれはボチボチと。

nice!(2)  コメント(10)