So-net無料ブログ作成

キヤノン新レンズ発表 [カメラ機材]

「サッカー撮影13」の途中ですが、ちょっと横道に。

カメラを趣味としている方々、とりわけキヤノンユーザーの方は、昨日3本のレンズが発表になったこと、ご存知の方も多いと思います。
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2012-02/pr-ef24-70-f28l-ii.html

EF24-70mm F2.8 L Ⅱ USM(¥230,000)
EF24mm F2.8 IS USM(¥80,000)
EF28mm F2.8 IS USM(¥76,000)
新レンズ1.jpg

キヤノンの場合、レンズのニューモデルに関する情報は、極めて限られていますから、いつも唐突ですね。EF24-70Lに関しては、ISが搭載されるかどうかが注目されていましたが、結局は見送られました。ISが欲しければ、EF24-105ISへどうぞ、ということでしょうか。ただ、このレンズをリニューアルしたということは、今後10年近くにわたって、高画質・高画素一眼へ対応しました、というメーカーの回答なんでしょうね。それ故、IS非搭載でもLレンズらしい充分魅力のあるレンズだと。カメラメーカー・レンズメーカーを問わず、この焦点域は標準ズームと言われ、多くのモデルがラインナップし、力のこもった製品が目白押しのところ。そこに大メーカーのキヤノンが、Lの称号を付けて送り出すのですから、描写力が悪いはずはありませんよね。
150gほど軽量化され、フィルター径が77mmから82mmに拡大されました。従来キヤノンは、フィルター径に関しては、かたくなに最大77mmを誇示してきたふしがありましたが、EF16-35 F2.8 L Ⅱが82mmになってからは、その束縛は無くなったようですね。フルサイズで使用時の周辺描写への対応ということで、今後の流れかもしれません。で、私はEF24-70mm F2.8 Lを所有しているのですが、買い替えるか?と言われれば、もちろんNOです(そんな予算はありません)。使用頻度もそれほど多くないので、しばらくⅠ型でがんばります。
新レンズ2.jpg

同時に発表された、IS付きの単焦点レンズ。私は、これが意外でした。
EF24mm F2.8 (¥49,500 1988年10月発売開始)
EF28mm F2.8 (¥38,000 1987年4月発売開始)
というレンズが、確かにレンズカタログに載ってました(私、すっかり忘れていました)。古い設計のレンズを順次リニューアルしていくと言われれば、それに合致した新製品と言えなくもないですが、しかし元々があまり注目されていない(ユーザーの方がみえたらスミマセン)レンズに、リングUSMモーター仕様にし、ISを付けて、その代り価格は倍に、という風にリニューアルした点は、どうも私的には?なのです。これらのレンズにISは本当に必要か(メーカーのキヤノンが必要だと考えているなら、EF24-70にISを付けなかった点と符合しないのでは?)、機動性を重視して気軽に使えるようにと考えているなら、価格が倍になってはちょっと・・・(実売価格はもう少し下がると思いますが、純正ですし)。それよりも、EF35mm F2.0をリニューアルして!、とか、ISは要らないからF1.8にして!、とかの意見が出てきそうなのですが、どうでしょう。
しかしまあ、新製品のニュースが出るのは、物欲は刺激されますが、同時に撮影意欲も刺激されますから、良いことだと思いますね。

(ちなみに、ニコンから3600万画素ののD800も発表されましたが、コチラは凄そうですね)
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー