So-net無料ブログ作成

新人戦 [サッカーあれこれ]

新人戦1.jpg

ソチオリンピックがまもなくですから、ウインターシーズンスポーツの話題が花盛りですね。私が主に撮っているサッカーは、まあシーズンオフというのがあまり無く(Jリーグはお休み期間中ですが)、年中どこかで試合やら大会が行われています。今は各年代とも、新人戦の時期でしょうか。
この「新人戦」、私は基本的に撮りには行かないです。新人戦は公式戦には違いないのですが、どうも私はモチベーションが湧かない。各年代とも、最終学年の選手が卒業・卒団・引退して、新チームになって初めての大会、という意味の「新人」戦なのですが、私的には何だか腕試し的な印象が抜けきらないのです。選手自身は、もちろん公式戦で真剣勝負ですから、持てる力を振り絞って勝利を目指しているとは思うのですが、私はどうも掻き立てられるものが無いのです。

新人戦2.jpg

学生サッカーの場合、昨年強かったからといって今年もそうかといえば、必ずしもそうではない、ということは皆さんもご存知のとおり。最終学年が抜けてしまっての新チームの優劣が、昨年の成績通りにはならないですよね。今年これから始まる主要大会を占うという意味で、その辺りが新人戦を行う意義だと思うのです。ちょっと厳しい言い方かもしれませんが、それならば新人戦は「公式な腕試し大会」のような気がするのです。時間に余裕があれば話は別ですが、そうでなければ新人戦はパスして、その後の主要大会の撮影の方に尽力を向ける、というのがここ最近の私です。
その各年代で今後行われる主要大会にしても、新チーム同士の優劣の結果、つまりは新人戦の結果が、シード権やら一部・二部のクラス分けなどに反映される場合もありますし、単に昨年度の成績によって決められることもあります。このあたりの事は、都道府県によって、年代によって、また違うのかもしれません。いろんな諸事情はあるかと思いますが、せっかく新人戦を行うのなら全ての年代で、昨年度の成績ではなく、新チーム同士の結果、つまりはこの新人戦の結果をその後の主要大会の組み合わせに反映されるシステムにすれば、新人戦はもう少し意義ある、つまりは撮り甲斐のある大会になると思うのですが、どうでしょう。

新人戦3.jpg

ただやはり、そんなシード権を争う大会だとしても、私は今後も新人戦は撮りにはいかないでしょう。そのシード権を勝ち得たチーム・勝ち取れなかったチームが、主要大会でどう戦うのか、その方に集中して撮りたいと思うからです。
新人戦は基本的には撮らないと言いましたが、自分の愚息はやっぱり別でして(私もいちおう保護者なもので)、愚息のチームの専属カメラマンである以上、公式戦はすべて撮りに行きます。先週は新人戦3回戦を撮りに行ってきました。見ていて(撮っていて)感じたのは、「う~ん、やっぱりチームとしてはまだまだ煮詰まってない」でした。まあそれは、伸びしろが有る、とも言えますので、ここから先の熟成を楽しみにしたいと思います。

新人戦4.jpg


nice!(2)  コメント(0)