So-net無料ブログ作成

真夏ですが [写真・撮影]

昨日は、静岡県の浜松に行ってきました。愚息2号のお供です。そして晴れです。

真夏でも撮影1.jpg

今年の夏は、これまでのところは、厳しい日差し、というより、湿度の高い蒸し暑さに閉口している、といった私です。ニュースによれば、台風の影響からか、各地で記録的な雨が降っていたり、ゲリラ豪雨に見舞われたりしているようで、我が地方でもはっきりしない天候(はっきりしなくても暑いです)が続いています。
愚息2号も高校2年生。高校生活も折り返し点を過ぎました。どうやら大学に行ってまで本格的にサッカーを続ける気が無さそうで(その点は愚息1号と同じ)、そうなると幼稚園から始めたサッカーにこうして付いて行って撮るのも先が見えてきました。もちろん私は(今のところですが)、愚息たちが選手でなくなっても県サッカー協会のカメラマンも今しばらく続けるつもりですし、サッカー撮影は続けるでしょう。ただ県協会のカメラマンとしては、ほとんどが県内での試合撮影になってしまいますから、こうして県外に出て撮りに行くのは、愚息2号が卒業するまで、いや最後の公式戦を敗退するまで。そう考えてみれば、これから先はできるだけ同行して、撮りに行ってやりたいと思ってます。

真夏でも撮影2.jpg

40分ハーフの試合を2試合、都合180分ほどは日陰の無いグランドの片隅から撮っていました。その間、真っ黒のボディは日射でかなり熱くなりますが、今のところはそれでも不具合など発生しておりません。精密機械なのに、なかなかタフにできてます。それに対してLレンズの方は、触っても明らかに熱さを感じる度合いが少ない。屋外で使う機会が多い望遠系Lレンズがなぜに白(純白ではないですけど)なのか、こうして使ってみると、単に目立つ為ではない事はよく分かります。ハーフタイムの間は、ボディには帽子で我慢してもらいました。
暑い暑いと言っていた夏も、立秋を過ぎました。夏休みも折り返し地点です。まだまだ暑さは続きますが、皆様無理せぬよう、撮り続けてください。私ですか? 既に毎年のように日焼けで真っ黒です(笑)

真夏でも撮影3.jpg


nice!(3)  コメント(4)