So-net無料ブログ作成

Cafe Du Monde [日々の徒然]

今回の愚息2号の新居準備には、東京住まい8年になる長女も協力してくれました。その長女が、「懐かしい店を見つけたよ」というので、新百合ヶ丘駅近くにあるその店に行ってみました。

cafe_du_monde1.jpg

カフェデュモンド(Café du Monde)はアメリカの喫茶チェーン店です。1990年頃にダスキンの経営で日本に上陸し、各地で店舗を展開したようで、実はその内の1店が我が町にもありました。「ベニエ」という粉砂糖をかけた角型のドーナツが看板メニューで、まだ幼かった我が子達と一緒に行ってよく食べました。我が町の駅前の商業施設にあったその店は、いつの間にか無くなってしまい、私の記憶からも自然に無くなってしまっていたのですが、子供たちは憶えているんですよねぇ。「あの店がこの近くにあるよ」というので、行ってみました。

cafe_du_monde2.jpg

う~ん、コレコレ。ホッカホカの角ドーナツにシナモンシュガーかパウダーシュガーをかけて食べる味は昔のまま。普通のドーナツとは一味違います。家人はシナモンですが、私はいつもパウダーの方。駅周辺に買い物に出かけた折には、よくこの店に寄って、このベニエとカフェオレを注文したものでした。懐かしい味を懐かしい顔ぶれで頂きました。
このCafe Du Mondeも、あまり経営的に芳しくないのか、年々店が少なくなっているとか。スターバックスもイイけど、この店もいつまでも残ってほしいなあ、と思いました。子供達のところに来た時には、ぜひもう一度行きたい、それまでは残っていてほしい、と思わせる店でした。
https://www.cafedumonde.jp/

nice!(7)  コメント(0)