So-net無料ブログ作成

CANON 1D MarkⅣ 後編 [カメラ機材]

1D4-3-01.jpg

大分の修理センターに送ってから丸2週間で、1D4が帰ってきました。
6年半使った1D4の外観は、実にキレイサッパリ。確かに傷は治りませんが、汚れの類は全く無く、新品のよう(ちょっと言い過ぎかな)。ファインダー内も、気になっていたゴミも取り除かれて、スッキリ綺麗。設定も送ったままの状態で帰ってきました。早速連写してみたら、以前のちょっとモッサリした感じが無くなり、実に軽快なシャッター音。これも新品当時の感じです(私的には、1DX2より1D4のシャッター音の方が好みです)。
で、いったい費用がいくらかかったか、ですが、添付された修理伝票を下に載せます。
1D4-3-02.jpg

これが高いか安いか、は皆さんの判断に任せますが、私的には「1D4の購入価格を考えれば、まあ妥当かな」です。
それでは早速実戦投入です。しかしこれが、どうも違和感がある。装着するレンズを取り換えたりしながら撮り続けたのですが、やはりこの違和感が拭えない。この「違和感」というのが言葉で説明するのがちょっと難しいのですが、6年半使い続けてきた感覚とはちょっと違うということでして、帰宅してパソコンでじっくり撮影結果を見ても、微妙に前ピンになっていたり後ピンになっていたり、イヤそうでもなかったり。AF関係の設定自体は修理前と同じなのですが・・・
そこで2回目の撮影に際していろいろ設定をいじってみたりしたのですが、やはりどうもシックリ来ない。なので、思い切ってデフォルトに戻して撮ってみたのですが、実はこれが一番結果が良かった。そこから微調整を加えて撮影枚数を重ねるうちに、私の方も慣れてきたのでしょう、今では以前と変わらない結果が得られるようになりました。
振り返って考えてみれば、私の1D4には使い続けるうちに極微妙なズレが生じていたのでしょう。それがゆっくり進行したものだから、自分自身がそれに慣れてしまっていた。それが今回の修理およびメンテで、設計当初の状態に戻されたので生じた違和感だったのではないか、と推測しています。
改めてこの1D4を見るに、1DX2に劣る部分は確実に有るにせよ、現在でも十分使える機種だと思います。1D4をお持ちの皆様、費用は掛かりますが、一度こうしたメンテをしてみるのもイイかもしれませんよ。私はこれから暫く、この1D4を併用して使っていくつもりです。
nice!(0)  コメント(4)