So-net無料ブログ作成

Lowepro(ロープロ)プロローラー X300 AW(後編) [カメラ機材]

そんな訳で我が家にやって来た「Lowepro(ロープロ)プロローラー X300 AW」。購入はいつもの通販。これまで使ってきたプロローラー2と並べて見ると、僅かに大きい程度でほとんど同じですが、持った軽さは段違い。軽量化されています。勿論、軽くなったからといってそこはロープロ、堅牢性が失われたわけではありません。

プロローラーX300-2-1.jpg

まず今回の購入の原因となった車輪を見てみると、今度は六角レンチでシャフトが外せそうです。これならば私にもできる(かも)。

プロローラーX300-2-2.jpg

そして、前回書いた横幅(というか、長方形の短辺)の長さが内寸で、従来のプロローラー2より25mm長くなりました。コレが私がX300を選んだ最大の理由でして、このように↓収納したかったからです。

プロローラーX300-2-3.jpg

EF400 F2.8 L IS とEF200-400 F4 L IS +1.4x この2本のレンズを同時に持ち出したかった。従来のプロローラー2では幅が僅かに足りないために2本を同時収納ができなかったのです。それがこのX300ではご覧のように、できる。仕切り板が薄くなった影響もありますが、このメリットは私にとって大変大きいのです。
サッカー撮影が主戦場の私にとって、EF200-400の導入は、撮影の幅を大きく広げてくれるものでした。しかし、これまでのメインで使ってきたヨンニッパの良さも捨てがたい。ならば、両方を持ち出したいと思うようになりました。我が愚息たちが現役を退いてからは、依頼撮影が主となり、そうなればどちらのチームも撮らなければならない、できる限り出場全選手を撮りたい、そんな撮影が増えてきました。そうした場合、ズームレンズは最適です。しかし、これまで私の写真を評価して使ってくれた方々に対して、クオリティは落としたくない。そういった想いが、この2本のレンズの同時持ち出しへと繋がった訳です。実際に今年後半の繁忙期には2本を持ち出して、前半はズームでまんべんなく撮り、後半は狙いを絞って単焦点で撮る、といったこともしていました。そうなると、この巨大なレンズを2本収納できるバックが欲しいなあ、と思っていた矢先の車輪破損だったのです。従来のプロローラー2では、ちょっと寸法が足りなくて、このようには収納できなかった。私が今回バックを新調するに当たって最も重視したのが、この2本のレンズを並べて入れられる内寸だったのです。
正直、この時期の追加投資は痛いですが、これで来年からは一つのバックでこれら機材を詰め込んでサッカー場通いができます。ちなみに従来のプロローラー2は、破棄するようなことはせず、車のトランクに入れてカメラ機材の収納ボックスとして使うつもりです。
そんな訳で、車輪破損から始まったカメラバックの買い替えでしたが、「災い転じて福となる」かどうか、来年の私の努力次第ですね。下のような装備で、来年もサッカー場に通います。

プロローラーX300-2-4.jpg


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー