So-net無料ブログ作成

EF400mm F2.8 L IS Ⅲ(その4) [カメラ機材]

EF400-4-01.jpg

カメラバックに入れる時、取り出す時、以前のヨンニッパⅠ型ではグッと腕に力を入れなければならなかったのが、このⅢ型ではヒョイと持ち上げられます。レンズ重量が半分程度になったのですから当然と言えば当然なのですが、逆にボディの重さを感じてしまう。でもこれは錯覚で、レンズの重心がマウントよりになった為で、サッカー撮影でいつも使う一脚に付けてみれば、それが良く分かります。
さて、では1DX MarkⅡ(1DX2)に付けてサッカーを撮ってみました。今回は開放F値での描写力を見るために、敢えてAvでF2.8に設定して撮ったのが下の画です(ノートリミング)。撮影データも記しておきます。
下の写真
1DX MarkⅡ+EF400mm F2.8 L IS Ⅲ
絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/2000 F2.8 ISO 320  焦点距離 400mm

EF400-4-02.jpg

季節は春で、当日の天候は今にも雨が降り出しそうな曇天の人工芝グランドでした。AFはいつものAI SERVO AFでAFフレーム1点指定です。その指定したフレームを中心に、等倍に切り出したのが下の画です。

EF400-4-03.jpg

等倍に切り出せば、ユニフォームの肩の部分がメッシュなのが分かるでしょう。約20m先の動き回る選手、その肌の具合までしっかり分かる描写力は、まぎれも無くヨンニッパのものです。これがⅠ型だと、開放F値ではちょっと甘く、ついF3.5辺りにしてしまうのですが、このⅢ型では開放F値のF2.8で得られるのです。その点が、軽量化と共に進化の証でしょう。
もう一枚載せます。今度は1D MarkⅣに付けて縦で撮ってみました。別の日に別の試合を撮ったものですが、これも開放F値です(ノートリミング)。撮影データも記しておきます。
1D MarkⅣ+EF400mm F2.8 L IS Ⅲ
絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/2000 F2.8 ISO 100  焦点距離 400mm(換算520mm)

EF400-4-04.jpg

この日も曇天で人工芝グランドです。換算520mmで選手がこの大きさですから、撮影者との距離は40m位と思います。この画も等倍に切り出したのが下の画です。

EF400-4-05.jpg

曇天とはいえ初夏でしたから、真冬の澄んだ空気とは違います。被写体との距離がこの位有ると、介在する空気の影響を受けますが、開放F値でもユニフォームの縫い目までクッキリと解像するのはヨンニッパの実力でしょうね。
では、これも別の日に別の試合を撮ったものですが、ほんの少しだけ絞った画を載せます(ノートリミング)撮影データは以下のとおり。
1DX MarkⅡ+EF400mm F2.8 L IS Ⅲ
シャッター速度優先AE 評価測光 シャッター速度 1/1600 F3.2 ISO 100  焦点距離 400mm

EF400-4-06.jpg

この日も初夏で天候は晴れ。夕方での試合でしたから、斜光気味です(選手の影を見ていただければわかると思います)。これも等倍に切り出したのが下の画です。

EF400-4-07.jpg

開放F値のF2.8の画も悪くないのですが、髪の毛の描写などを見ると、僅か1/3段絞っただけで更にシャープさが増すような気がします。

もちろん、ボディが1DX2でも1D4でも、AF速度は極めて速く、Ⅰ型と比べても全く同等。EF200-400よりは当然早いです。ISに関しては、私がサッカーを撮る際には常にOFFにしているので、ISの進化度は分かりません。なお、今回新品購入したⅢ型ですが、今のところ目立ったピントのズレは感じられません。
総じて、このキヤノンのヨンニッパⅢ型の性能は、私の期待を全く裏切らないものでしたし、もっと画素数が有っても十分対応できるとも思いました。さて、開放F値でもこの位の画を見せてくれるのなら、では1.4xテレコンを装着してどうか、期待が膨らみます。それは次回に。

EF400-4-08.jpg

EF400-4-09.jpg

EF400-4-11.jpg

EF400-4-10.jpg


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EF400mm F2.8 L IS Ⅲ(その3) [カメラ機材]

EF400-3-01.jpg

以前持っていたヨンニッパ(EF400mm F2.8 L IS Ⅰ型)をメーカーであるキヤノンの「安心メンテ」に出した後にテスト撮影した画があります。今回手にしたヨンニッパⅢ型でも、同じような画を撮ってみました。それが下の二枚の画です。使用ボディはどちらも1DX2で、開放F値であるF2.8で撮影。RAWで撮ってますが、現像パラメーターは同じにしてあります。

EF400-3-02.jpg

EF400-3-03.jpg

ピントを合わせたコーンの劣化具合やその後ろの金網などで、どちらがⅠ型かⅢ型か、すぐにわかると思います。AFは中央1点指定ですが、その部分を等倍に切り取った画も下の載せます。

EF400-3-04.jpg

EF400-3-05.jpg

撮影時期も天候も違うので、この画の比較だけで進化の度合いを云々するのは間違っているかもしれません。ただ、約30m先のコーンがここまで撮れるのなら(しかも開放F値で)十分ヨンニッパの実力を表していると思いますが、いかがでしょう。実はそれが重要でして、Ⅰ型に比べて重量が半分程度になったⅢ型、(前回書いたように)レンズ構成も大きく変わったⅢ型で、描写力についての不安が多少ありましたが、それは完全に払しょくされました(あくまでシロウトのテスト撮影ですが)。
このⅢ型を1DXに付けてファインダーを覗いた時に、それまでⅠ型に慣れた私の眼には「ヌケの良さ」を感じた、と最初に書きました。この「ヌケの良さ」というのが、言葉で説明するのが難しいのですが、単純な解像感だけではないボケも含めた画全体の感じの表現ですが、実際に文字にして説明するとなると、う~ん、なかなか適当な言葉が見つかりません。これが、いくらメンテしたとはいえ10年以上使い続けてきたⅠ型の経年劣化によるものなのか(蛍石は劣化すると聞いたことがありますが)、最新のⅢ型のレンズコーティングによるものなのか、分かりません。ただ少なくとも私の眼には、Ⅲ型は10年以上使ったⅠ型に比べ、同等以上の画を提供してくれます。しかも、開放F値であるF2.8でも十分に使える画を得られることは、確認できました。
では、私の本来のフィールドであるサッカー撮影に持ちf出してどうか、それは次回に。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EF400mm F2.8 L IS Ⅲ(その2) [カメラ機材]

ヨンニッパ購入記の第二回目です。今回はちょっと、キヤノンのヨンニッパを振り返ってみたいと思います。

EF400-2-01.jpg

キヤノンが電子マウントのEFレンズを世に送り出して最初のヨンニッパは、1991年のEF400mm F2.8 L USMです。その後、1996年に蛍石を採用したⅡ型にモデルチェンジ(私が最初に手にしたヨンニッパです)。そして、手振れ補正機能のISを搭載した、IS付きⅠ型が登場したのが1999年のこと。ここまでは、約10年の間に3モデルが登場する速さでした。きっとデジタル一眼レフカメラの登場で、技術革新が速かったのでしょうね。次のIS付きⅡ型が登場するのが2011年ですから、12年のスパンがあります。この頃には、一眼レフカメラは全てデジタルになっていましたから、従来のフィルムカメラでの使用は全く考える必要無く、デジタルでの使用に特化したモデルとして、蛍石レンズも2枚使用し、コーティングも変え、1520gの大幅な軽量化も施した、満を持した感じのモデルチェンジでしたから、ここからⅢ型までは少し間があると思われていました(少なくとも私は)。それが7年後の2018年にⅢ型が登場します。7年という月日は「性急すぎる」という長さではなく、十分基礎研究ができる長さですから不思議ではないのですが、理由の一つには、今後ミラーレス化を推し進めるため、製品化が完了しつつあるレンズを早急に送り出し、以後はRFマウントに注力するため、と考えられます。そう考えると、EFマウントのヨンニッパはこのⅢ型が最後かもしれない、との考えが浮かびました(あくまで私見ですが)。
もう一つの理由として、ソニーのヨンニッパの登場が挙げられます。SONYの「FE 400mm F2.8 GM OSS」が2018年6月に発表され、9月から発売開始されました(受注生産のようですが)。そのスペックで驚異なのは、世界最軽量をうたう2895gの重量と160万円(税抜)という価格。キヤノンのIS付きヨンニッパⅡ型の3850gに比べ1kg近く軽量化したのには、キヤノンも驚いたはずです。そこですかさず、同年2018年末にキヤノンは、2840gのⅢ型を登場させた訳です、価格も168万円(税抜)で。僅か55gの差とはいえ、最軽量の称号を奪還しましたが、価格もⅡ型に比べ40万円ものアップとなってしまいました。

EF400-2-02.jpg

さて、上にに各レンズの構成図を載せてみました。私はキヤノンの技術者ではありませんし、そういった知識が豊富でもありませんので、あくまで素人の眼で見ての推測ですが、Ⅰ型からⅡ型への変更は、もちろんモデルチェンジには違いないのですが、レンズ構成的に同じ考え方での進化のように思えます。それなのに、1520gも軽量化しているのですから、その努力は並大抵のものではなかったと思いますし、故に12年の時間が必要だったのでしょう。そのⅡ型からⅢ型へのモデルチェンジは、レンズ構成も大きく変わり、最前面のレンズが大きいことは変わりませんが、その他のレンズをよりマウント側(後方)に配置しているのが分かると思います。これは、口径の大きなレンズ=重いレンズを少なくし、口径の小さなレンズ=軽いレンズの枚数を増やすことで軽量化を図った結果だと思います。同様の考え方は、ソニーのヨンニッパでも見られますから、Ⅱ型を登場させる際にギリギリまで軽量化してしまったので、これ以上の軽量化を図るには構成レンズ自体を小さくするしかなかった、ということでしょう。実はこのキヤノンのヨンニッパⅢ型と同時に発表・発売されロクヨンⅢ型(EF600mm F4 L IS USM Ⅲ)のレンズ構成図を見てみると、Ⅱ型に比べて同じように構成レンズがマウント側(後方)に配置しているので、構成レンズの小型化で軽量化を図るという同様の考え方で設計されたように思われます。
ユーザーとして、レンズの軽量化は歓迎です。Ⅰ型を丸11年使ってきた私は、撮影時はもちろんのこと、移動の段階から気合と体力勝負だったのですが、大きさは変わらずとも、このⅢ型はⅠ型の半分近い重量になったのです。しかも、外観はキヤノンの今風の色になりましたが、決して高級感を損なってはいませんし、キヤノンLレンズのオーラは感じます。しかし、軽量化で得られる画のクオリティが落ちたのでは意味が有りません。実写してみてどうか、が重要ですね。それは次回に。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EF400mm F2.8 L IS Ⅲ(その1) [カメラ機材]

カメラ店から届いた大きな段ボール箱、それを慎重に開けてみる。もう何度か体験してきたワクワク感。旧型はハードケースに入れられていたが、今回はビニール袋に入ったソフトケースが顔を出す。しかし、そんなケースはたぶん今後は使わないだろう。そのソフトケースを開けてレンズ本体を取り出す。「か、軽い!」。これが最新のヨンニッパなのか、なんと軽いことか。新しいレンズを手に入れた際に必ず行う儀式、レンズを覗いてみてゴミ・チリの有無を確認。まったく何も無い。そして、1DX2にマウントしてファインダーを覗く。何と言ったらよいか、「ヌケが良いという言葉はコレのことか」と言えば分かって貰えるだろうか。従来からヨンニッパを使ってきた眼をもってして、単純な明るさや解像度以上に、まずこの新レンズのヌケの良さに驚いてしまった。
今年のテーマ「軽量化」の大本命、新型ヨンニッパについて、従来使ってきたⅠ型と比較しながらインプレッションを書いてみたいと思います。まず第一回目は、購入経緯から。

EF400-1-01.jpg

私がこれまでヨンニッパ(EF400mm F2.8 L IS USM)を使い続けてきた経緯は、今年5月の記事で書きましたので、ここで繰り返し書くことは省きます。ただ、私の使っていたⅠ型は大きく重く、持ち出すのに少しばかりの気合を要するようになってきたことは、たぶん私の加齢も関係しているかもしれません。しかし「このレンズでなければ撮れない画がある」という時は躊躇などしていられません。真夏であろうと真冬であろうと、重いカメラバックを引っ張ってサッカー場を巡っていました。
転機はメインボディが、フルサイズセンサーの1DX MarkⅡ(1DX2)になったことです。それまでのメイン、APS-Hセンサーの1D MarkⅣ(1D4)で400mmに慣れてしまった私には、たとえ画素数が2割ほど増えたとはいえ、1DX2+400mmではどうにも短く感じられました。もちろん、メーカーであるキヤノンでしっかりメンテしてもらった1D4が手元にあるのですから、それを使えば事足りるのですが、それでは1DX2を購入した意味が無い。しかも、やはり連写速度、AF性能、高感度耐性、いづれも1D4を凌駕する1DX2の性能を知ってしまうと、シチュエーションによっては1DX2を使いたい時もあります(1D4は今でも現役バリバリですが)。
そこで、1.4xEXTENDERを使うことを考え、従来持っていⅡ型を評判の良いⅢ型に買い替えたのでした。確かに、このキヤノン純正テレコンのⅡ型とⅢ型には性能差が有り、買い替えたことに後悔はなかったのですが、それでも素のヨンニッパ(Ⅰ型)に比べれば画は落ちます。それに加え、私のヨンニッパⅠ型は1999年発売開始モデルですから、最新のレンズと比べれば、開放F値での描写力で劣ります(逆に言えば、ちょっと絞れば現在でも十分使える画を得られます)。それ故、F3.2~F4.0にちょっと絞って撮ることが多かったのですが、1.4xテレコンを使うとなるとそれがF4.5~F5.6になります。これはちょっと暗い(被写界深度も深い)。このEF1.4xⅢ型と1DX2の性能をフルに使いながら、開放F値での描写力を求めれば、自然と新型ヨンニッパへと導かれます。2011年に発売開始されたヨンニッパⅡ型でも良かったのですが、意外な速さでⅢ型が登場。更に、今年10月からは消費税が10%になることが決定。8%から10%へ2%の増税とはいえ、高価なヨンニッパだと安いレンズが1本買えるくらいの価格差になります。それらを考慮して、熟慮して、悩んで、出した結論がヨンニッパⅢ型の購入となったのでした。
時代は確実にミラーレスの方向に行っていますし、1DX2の後継機は出るでしょうが、その先は分かりません。ヨンニッパもEFマウントはこのⅢ型が最後で、RFマウントのヨンニッパに取って代わるかもしれません。しかし多分、いやほぼ確実に、サッカーを今のペースで今後最低5年間は撮り続けるだろうと考えて、思い切った次第です。
2008年年頭に購入した私のヨンニッパⅠ型、丸11年間お世話になりました。その間、使い手に挑戦することはあっても、決して裏切ることなく、相棒として数々のサッカー場を巡ってきました。手元に残しておきたい気持ちが無い訳ではありませんが、下取りに出さないと予算が足りませんし、新型が来れば出番が無くなるのは確実。防湿庫の肥やしにするには惜しいです。キチンとメンテしてきたので、次のオーナーの元できっと活躍してくれるだろう、と思いながら梱包して送り出しました。そしてその数日後に、冒頭の段ボール箱が我が家にやってきたのでした。

EF400-1-02.jpg

(ずいぶん長いプロローグでスミマセン)

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー