So-net無料ブログ作成

全国高校総体 撮影後記(後編) [写真・撮影]

前回の続きです。機材の事以外で気付いた点・思った事です。

撮影後記3-01.jpg

■真夏の日中の試合で、撮影場所も限られています。常に順光で撮れることはまずありません。前半は順光でも後半は半逆光になったり、その逆だったり。広いピッチを不規則に動く選手が被写体なのですから、一試合の中でも光線状況は様々です。しかも私の場合、対戦する両方のチームの選手を撮らないといけない。そこで、今回撮影した約9200枚は全てRAWで撮りました。RAWで撮ったからといって、逆光が順光になる訳ではありませんが、レタッチの幅がRAWの方が広いのが理由です。デメリットはファイルサイズが大きくなることですが、今やメディアの価格は数年前に比べれば驚く程下がっていますし、保存するHDDの価格も同様ですから、もうデメリットとは言えないでしょう。ただ、速報性が必要な報道関係の方は、現像が必要なRAWは使っていないでしょうが。

撮影後記3-02.jpg

■真夏の炎天下での撮影で一番気を付けなくてはならない事は、機材でもその設定でもありません。私は、撮影者自身の体調だと思います。最高気温とは、土の地面で日陰で風通しの良いところで、地面から1.5mの所に設置された温度計で測定されたものです。たとえそれが30度前後の日でも、日差しをまともに浴びるピッチ上ではもっと高く、熱中症になる危険性があります。特に今年のように、体温を超える最高気温を記録した日の炎天下でのピッチ上は、体温どころか、それよりずっと暑い。これは、その傍らで撮る我々も同様です。サッカーを撮っていて、選手でなくて撮影者が熱中症になるなんて、絶対避けなくてはならない事です。「熱中症予防の為に、こまめな水分補給を」とのアナウンスが頻繁に流れていましたが、熱中症になった経験のある私に言わせれば、こまめな水分補給だけしていれば熱中症にならない、ということはありません。それは最低限のことです。私は今回の連日の撮影で、家に帰って来ても撮った写真をパソコンに落とすだけで、一切見ませんでした。ただひたすら、明日の撮影に備えて体を冷やすこと、休めることに専念しました。これをご覧の方々は私よりずっとお若い方が多いと思いますが、「過信は禁物・準備は必須」と思って夏の撮影に挑んでください。

撮影後記3-03.jpg

撮影後記3-04.jpg

■最後に書きたいのは、どんな機材を使っても、どんなグランドで撮ろうとも、天候に左右されようとも、最終的に重要なのは撮影者の意欲と集中力です。それは、試合に挑むサッカー選手と同じです。それらが欠けていては、最終的な勝利は得られません。その点で、「スポーツ撮影はスポーツ」ということを身に染みて感じました。と同時に、我々も生身の人間です。ハーフタイムで、試合の合間で、熱の籠った体を冷やせる場所が、そんな施設が、このような真夏の大会では必須なのだと思いました。しかし、施設がプアーな我が県では、冷暖房が完備したロッカールームの有る施設は一か所しかないのが現状です。しかたなく、日差しを遮るだけのテントとバケツに入れた氷が数個、それとミストファンが用意されたのみの所もありました。
全国から集まって来て下さった記者や報道関係の方々も同様です。冷房の効いて電源が確保されている部屋が用意できた施設は、今大会で一か所のみ。それでも、この無線LANが当たり前の時代に、それも無い。報道陣用にただテントのみ、なんて恥ずかしい限りで、せっかく遠路訪れてきていただいた方々に頭を下げるしかありません。そんな状況でも運営の方々の努力で、何とか無事に大会を終わらせることができましたが、それでヨシとせず、我が県の行政の方には十分な反省をしていただきたいと思いました。三年後には国体の開催が決まっているのですから。

撮影後記3-05.jpg

以上、私の今年最大の撮影イベント、全国高校総体サッカー競技の後記でした。

撮影後記3-06.jpg



今回撮った写真は


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

全国高校総体 撮影後記(中編) [写真・撮影]

前回の続きです。

撮影後記2-01.jpg

■では、1DX2はあまり使わなかったのか、といえばそうではないです。このボディとEF400 F2.8 L IS との組み合わせは、決まれば最高の画質が得られます(私の経験した機材の中では)。薄い被写体深度は豊かなボケを生みますが、1DX2のAFの速さ・正確さはそれでも心強い。何といっても撮っていて手応え感があります。
■前回、私の撮影目的やスタイルでは、「この1DX2+EF400 F2.8 L IS では焦点距離が足らないと感じる」と書きました。ところが。使えるシチュエーションがあることに大会途中で気づきました。前回乗せた画ですが、もう一度載せます。

撮影後記2-04.jpg

この画の青の部分が撮影指定エリアで、多くの報道関係カメラマンがそこから撮っています。しかし、それ以外の場所から撮ってはいけないのか、と言えば、もう一か所撮影可能エリアが有りました。それは「観客席・応援席」です。保護者の方々も、一眼レフカメラをお持ちの方がココから撮っていましたが、撮影許可をもらった私も、このエリアに入って撮ることができます(今回の大会関係者に確認済)。もちろん、そんな保護者の方々や応援の子達の邪魔になるようではいけないのですが、そこを配慮すれば、なかなか使えるスペースなのです。何故かと言えば、スタジアムというような大規模施設の無い我が県では、このエリアからタッチラインまでが数メートルというピッチがあるのです。これならば、1DX2+EF400 F2.8 L IS でも十分撮れます(横でなら。縦だとちょっと厳しいかな)。しかも、配慮すればエリア内の移動も可能です。
■上記の点に気付いてからは、積極的にそれを利用しました。ただ、どのピッチでも有効か、といえばそうでもなく、例えば陸上トラックの有るグランドでは、そのトラック分だけ離れてしまいますから、それでは遠い。やはりその競技場では、上図の青の撮影エリアから撮りました。

撮影後記2-03.jpg

■では、1DX2+EF400 F2.8 L ISに1.4xテレコンを加える、という組み合わせは試さなかったのか、といえば、もちろん使いました。昨年、1.4xEXTENDERをⅡ型からⅢ型に買い替えたことで、テレコン有無の差がグッと縮まったような印象があります。また1DX2との組み合わせでは、驚くほどAF速度の低下が少ない。開放F値はF4になってしまいますが、十分使える画を得られます。ただし、私のヨンニッパはIS付きのⅠ型。現行のⅡ型と比べて最大の差は、開放F値の描写力だと思っていますから、ちょっとでも絞りたいところです。なので、AvでF4.5に設定。これでも真夏の晴れの日中です。ISO-100で充分なシャッター速度が稼げます。
■1DX2+EF400 F2.8 L IS+1.4xEXTENDERで観客席・応援席から撮る時は、カメラを縦で撮りました。横だと私の感覚では少し近い(被写体が少し大きい)のが理由なのですが、本来の私のスタイルは縦での撮影ですから、これは何も問題無く撮っていました。

撮影後記2-05.jpg

■前回、人工芝より天然芝グランドを優先した、と書きましたが、その理由は夏の厳しい日差しの下では、反射光・反射熱の影響が人工芝グランドで顕著なことが理由です。これらがAFに悪影響を及ぼしたり、撮影者の体力や集中力を削いだりします。それに加え、大気の影響も有ります。サッカー撮影では、どうしても望遠レンズを使います。それは撮影者と被写体との距離が有るからですが、この間に介在する空気の影響も、真夏では厄介です。現在では、手の届く価格で600mmまでのズームレンズが存在します。これとAPS-C機と組み合わせれば、かなり遠くの選手を大きく撮ることは可能です。しかし被写体である選手が遠いと、その間に介在する空気の影響も大きくなります。これが、しっかりピントを合わせたつもりでも、いや実際にピントは有っていても、なんだか鮮鋭感の無い、解像していないような画になることがあります。この点では、やはり人工芝よりも天然芝の方がその影響は少ないので、チョイスできるのであれば、天然芝グランドの試合を優先しました。

撮影後記2-08.jpg

■天然芝とて、真夏の厳しい日差しの下では、陽炎が立ちますし、そういった空気の揺らぎが起こります。これは照り付けられた地面から立ち上がるので、できれば地面から離れた高いところの方が影響が幾分少ない。故に私は、できる限り立って撮影しました。それでもこの影響からは避けられませんが。私の経験から言わせていただければ、単焦点レンズよりもズームレンズの方が、センサーサイズが小さくなる方が、この影響が大きくなる感じがしています。詳細なことは調べてませんが、レンズ構成や画素間ピッチが影響しているものと思っています。これはもう自然現象ですから、避けられないものとして、影響がなるべく少なくなるような機材組合せ、撮影場所等で工夫するぐらいしかできません。

撮影後記2-06.jpg

撮影後記2-07.jpg


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

全国高校総体 撮影後記(前編) [写真・撮影]

このブログの更新、随分間が空いてしまいました。この間に私が何をやっていたかと言いますと、全国高校総体で撮った9200枚余の写真(全てRAW)と格闘していました。そしてその作業も終わり、提出すべき所にも送って、やっと一息入れているところです。

撮影後記1-01.jpg

今回の全国高校総体サッカー競技は、出場55校が県内4か所(四日市・鈴鹿・伊賀・伊勢)計10面のピッチを使って計54試合が行われました。それら全てを撮ることは不可能だとしても、我が県代表2校の試合を優先し、その後はなるべく多くのチームを撮ることを目的に頑張ったつもりです。35分ハーフの70分の試合時間で6日間で9200枚は、平均すれば1日当たり1500枚余になります。この枚数自体はごく普通だと思うのですが、今夏の酷暑の中で、しかも連日となると、これがなかなかにハードで、1日2試合撮るのが精一杯でした。
さて、我が県で行われて貴重な全国大会です。今回の撮影について思った事・気付いた事を書き残しておこうと思います。以下に箇条書きにしてみました。

撮影後記1-03.jpg

■全ての試合を撮ることができないと分かっている以上、撮る試合をチョイスしなければなりません。その際(我が県代表校の試合は最優先として)、天然芝のグランドでの試合を優先しました。全国大会ですから、全ての試合が天然芝グランドで行われるのが本来だと思うのですが、我が県のプアーな施設環境では、一回戦・二回戦では人工芝グランドも使用されました。炎天下での試合が予想されるなか、人工芝の反射光と反射熱が機材、特にオートフォーカスに与える影響が大きくなる事、空気の「ゆらぎ」の影響、そしてその傍らで撮る身にも過酷であること、それらを考慮して、天然芝グランドでの試合を優先しました。結果的にはそれは正解だったと思います。
■今回、大会関係者から試合中のプレイ写真を撮る場所として指定されたのが、以下の青い部分です(あくまで概略図です。正確な縮尺ではありません)。

撮影後記1-02.jpg

サッカーは常にボールと選手が動くスポーツ。この場所(四角いピッチの短辺)から撮ると、被写体はピッチ奥から手前に向かって動く被写体を狙うことになります(逆に、手前から奥へは選手の後ろ姿になることが多い)。この場合、1DX2+EF400 F2.8 L IS では、選手とボールがハーフウェイラインを超えて更に十数メートル進んでくれないと、思うような大きさで捉えられません。更に400mm単焦点レンズだと、ゴール前の攻防を撮るには長すぎる。両方のチームの選手の良いシーンをなるべく多く撮りたい場合には、これはなかなか使いづらい組み合わせです。

撮影後記1-04.jpg

■で、「ここはズームでしょう」ということで、EF200-400 F4 L IS を持ち出したのですが、さてどのボディと組み合わせるか。フルサイズの1DX2と組み合わせれば、選手か近くても引いて撮ることはできますが、全体的には焦点距離不足を感じフラストレーションを生みそうなので、APS-H機の1D4と組み合わせて撮ることにしました。結果的に今回の撮影で一番多く撮った機材組合せがコレとなりました。1DX2より様々な面で劣る1D4を、1DX2を持っているにもかかわらず持ち出したのは、APS-H機だったことが理由です(まあ、この為にメーカーに送ってメンテしたのですから)。
■「EF200-400 F4 L ISにはワンタッチで切り替えられる1.4xが付いているのだから、それを使えば1DX2でイイじゃないか」と思われた方もいらっしゃると思いますし、私もそう思って使ってみました。けれど、爆速のヨンニッパに比べれば若干AF速度の劣るEF200-400が更に遅くなること、開放F値がF5.6になる背景のボケのうるささ、そしてやっぱり鮮鋭感が薄まること(後述する夏場特有の理由もあって)、等の理由により、「完調の1D4が手元に有るなら、それと組み合わせた方が結果が良いのでは」という思案の結果です(もっとも、1DX2の設定について煮詰めが足らなかったこともあります)。

撮影後記1-06.jpg

■EF200-400 F4 L ISにAPS-C機の7D2を組み合わせたことも有りました。それは主に我が県代表チームの試合でしたが、フルサイズ換算320mm~640mmは、より広くピッチ上をカバーしてくれるので、より多くの選手を撮れるからです。この場合、内蔵テレコンの使用は無し。APS-C機にF4ズーム+テレコンは、背景がうるさくなりますし、鮮鋭感が薄まり(後述する夏場特有の理由もあって)、7D2のAFでもピント位置が不確かになることが予想されたためです。
■それでEF200-400 F4 L IS+7D2は、出場全選手を撮りたい時や、前半だけ(後半だけ)で両チームの選手を撮りたい時に使いました。ただし、逆光が予想される試合では、APS-C機の7D2のダイナミックレンジでは心許ないので、他の組合せを使いました。

撮影後記1-07.jpg

撮影後記1-05.jpg


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

全国高等学校総合体育大会 男子サッカー競技大会(後編) [写真・撮影]

高校総体2-01.jpg

我が県で全国高校総体(インターハイ全国大会)が開催されていることは、前回書きました。8月6日に開会式が行われ、翌日から出場55校が県内4か所(四日市・鈴鹿・伊賀・伊勢)、計10面のピッチを使って試合が行われ、そして8月13日の決勝戦で幕を閉じました。既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、優勝は山梨県代表の山梨学院でした。

高校総体2-03.jpg

高校総体2-04.jpg

決勝戦はその山梨学院と神奈川県代表の桐光学園の一戦でしたが、ファイナルに相応しい好試合だったと思います。先行したのは桐光学園。前半のクーリングタイム直後にヘッドでキレイに一発。しかし後半に入って山梨学院が攻勢。気温35度の中で徐々に足が止まりつつあった後半アディショナルタイムに同点弾。決勝戦だけは同点の場合、延長戦(10分ハーフ)になることを知っていましたが、まさにその展開。その延長戦でもしっかり走り切った山梨学院が、混戦からのオウンゴールを誘って、これが決勝点となりました。優勝した山梨学院は一回戦からの登場ですから、この酷暑の7日間6試合を勝ち抜いて(PK勝ちが2回)のインターハイ初優勝です。これは素直に賛辞を送れる結果だったと思いました。

高校総体2-02.jpg

高校総体2-06.jpg

さて私の撮影ですが、我が県勢が両校とも初戦で敗退したので、その後はなるべく多くのチームを撮ることに目的を変更。試合が並行して行われた会場では、前半をAピッチ、後半をBピッチ、といったように移動しながら撮り続け、準々決勝からは腰を据えて試合展開を見ながら撮り、そして決勝戦&閉会式を撮って今大会の撮影を終了しました。前回、「10000枚ちかくなるかも」と書きましたが、結果は約9200枚でした。はっきり言って、非常にハードで充実した一週間でした。
撮影に使った機材は、
・1D MarkⅣ
・1DX MarkⅡ
・7D MarkⅡ
・EF400mm F2.8 L IS USM(Ⅰ型)
・EF200-400mm F4.0 L IS +1.4x USM
・EF1.4x EXTENDER Ⅲ
・430EX Ⅲ-RT
・Tokina 10-17mm Fisheye
これらを会場ごとに使い分けました。地元開催なので、各会場の様子が事前に分かっていたのが強みでしたね。それと、今大会用に購入したブラックラピッドのストラップも活躍してくれました。今回は高校サッカーの全国大会ですから、高校サッカーを撮る方々の全国大会でもあります。実際、各試合会場にはカメラを手にした保護者の方々も多く見かけましたし、報道関係の方々も多く、その中に混じっての撮影となりました。意外と言っては失礼かもしれませんが、ニコンユーザーも多かったですね(下の写真のオレンジのビブスを付けているのが各社のカメラマンです)。

高校総体2-05.jpg

しかしこの暑さです。帽子・タオル・大き目の水筒を毎日持ち出していたのですが、撮影よりもまず自分が熱中症にならない事を最優先に頑張ったつもりです。サッカー撮影を始めて今年で丸16年。これまで愚息の遠征やら合宿に付き合って連日撮影をしたことはありますが、ここまでの酷暑の中の連日に、多試合・多枚数を撮った記憶はありません。ひょっとするとコレが最高記録で、もうこんなことは無いかも、との思いも有り、そのお蔭で最後まで頑張れたのかもしれません。

高校総体2-07.jpg

もちろん地元開催ですから、県サッカー協会の皆さんや高体連の先生方にお世話になりながら撮れたから、という要因は有ると思いますから、その点は感謝に堪えません。ただ、撮ったらそれで終わり、ではないのも確かなこと。この頑張って手にした9200枚余の写真を、一枚一枚見て、選別し、使用目的ごとにレタッチ・編集していく作業がこれからしばらく続くとなると、ちょっと頭が重~くなってきます。今月は、これらの写真の中に埋まって過ごす日々が続きそうです。

高校総体2-08.jpg

高校総体2-10.jpg



この一週間の成果です(笑)


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー