So-net無料ブログ作成
サッカー撮影 ブログトップ
前の4件 | 次の4件

サッカー撮影107(守りのズーム・攻めの単焦点 その5) [サッカー撮影]

サッカー107-01.jpg

前回までにズームレンズについて書いてきましたが、今度は単焦点レンズです。これは話は簡単です。攻めの気持ちが無ければ良い画は撮れません。
過去何度も書いてきましたが、広いピッチを縦横に不規則に動く選手が被写体なのですから、被写体と撮影者の距離は常に変化しています。それを撮るには、可変焦点距離のズームレンズを使う方が理に適っているように思われますし、実際多くの方がまずズームレンズで撮り始めるでしょう。では、なぜ敢えて固定焦点距離の単焦点レンズで撮るのか。
1.描写力・解像力
2.AFの速さ・レスポンス
3.F値の小ささ故にシャッター速度が稼ぎやすい
4.薄い被写界深度を使ったボケ
上記のような点が概してズームレンズに比べて優れていることが(全てとは言い切れませんが)理由として考えられます。個々の項目についての解説は割愛させていただきますが、サッカー撮影で単焦点レンズを使って思うような画を撮れた時は、大きな満足感と快感を撮影者にもたらしてくれます。それ故、重く高価な単焦点レンズ(ここではサンニッパやヨンニッパを想定しています)を使って良作を量産することが、サッカー撮影の究極の目的になりうると思われます。ただし、それには相応のリスクと努力が必要になることから、撮影者に攻めの姿勢が必須であると思っています。

サッカー107-03.jpg

サッカー107-04.jpg

単焦点レンズで撮る場合、思うような大きさで選手を捉えられる範囲は、広いピッチを考えれば、極めて狭いと言えるでしょう。テニスやゴルフで例えれば、スイートスポットが極めて狭い道具を使っているという事です。それを踏まえ、まずはそのスイートスポットに入ってきた被写体の良いシーンを撮り逃がさない事、それに集中することが第一です。
その場合、自分の立ち位置からどの範囲が許容できる大きさで撮れるのか、を確認しておくことが一つ目。二つ目は、自分が動けるとすれば、どれくらいまで動いて撮ることができるのか、動いた場所でどのように撮れるのか、を確認することです。練習試合や予選一、二回戦などでは、タッチライン沿いに動きながら撮れる場合も有りますが、大きな大会や決勝戦であれば、試合中に移動が禁じられたり、撮影範囲が定められたりしています。それは予め決められたことですから、守らなくてはなりません。例えば、「ゴール裏を除くゴールラインより後方5m」と言われても、ゴール寄りかコーナー寄りかでスイートスポットの範囲が違います。試合展開を予想しながら(あくまで予想ですから外れることもあります)、自分の欲しい画を撮れそうな場所を考えて確保するべきでしょう。それと特に晴天の場合、日差しの位置と角度も考慮すべきでしょうね。

サッカー107-05.jpg

サッカー107-06.jpg

サッカー107-10.jpg

そうして考えた末のポジションで撮り始めても、なかなか思うような大きさで選手を捉えられないでしょう。でもそれが普通なのです。そこで腐らずに、イイ感じで飛び込んできた選手を絶対に逃さいゾ、という集中力を保つことが要求されます。逆に、あまりに遠くのプレイに関しては捨てても良いと思います。遠いと選手と撮影者の間に介在する空気の影響を受けますし、ファインダー内で狙った選手が小さいので、如何に高性能なカメラを使っても、ピント合わせが難しいからです。ズームレンズを使っていても同様の事が言えますが、単焦点レンズの場合は特に、捨てるシーンはキッパリ諦め、欲しいシーンは絶対逃がさないゾ、という攻めの気持ちを保つ、ということが良い結果に結びつくと思います。

サッカー107-09.jpg

サッカー107-02.jpg

サッカー107-07.jpg

サッカー107-08.jpg

サッカー107-12.jpg

サッカー107-11.jpg

サッカー107-13.jpg

(今回の掲載画像は全て、単焦点レンズで撮ったものです)

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカー撮影106(守りのズーム・攻めの単焦点 その4) [サッカー撮影]

サッカー106-01.jpg

「守りのズーム」というテーマで書いてきましたが、ここらで中締めです。
サッカー撮影が試合中の選手を撮ることであれば、それは人物撮影です。人物を撮る際にどうしても、足の先から頭の先まで、体全体を入れた画を撮りがちです。それが悪い訳ではありません。特にチーム撮りをしている方には、選手の体の一部がはみ出してしまうような画ではなく、全身の画が必要な場合も多いことでしょう。ただ私はこのブログで、「できる限り大きく撮る」ということを勧めてきましたし、「サッカーをやっている風景にしてはいけない」とも書いてきました。そこまで小さくなくても、ファインダー内でそこそこの大きさに撮れていれば良し、とする考えは、「守りに入っている」とは言えないでしょうか。試合中の選手の必死の表情、真剣なまなざし、体全体から発する躍動感、飛び散る汗、ユニフォームの下から垣間見える筋肉、そういったスポーツ写真として大切な部分を薄めている、とは言えないでしょうか。
ズームレンズを使っているから、そうした引いた画が撮れるのであって、その根拠が撮影者のマージンを取るような消極性に由来しているならば、それは惜しいと思います。逆に、必要な画を撮りたいがために動く選手に相応してズーミングを駆使することは、撮影者の積極的な意図を感じます。

サッカー106-02.jpg

サッカー106-03.jpg

サッカー106-04.jpg

サッカーの試合で、特に強豪チームと対戦した場合、相手に押し込まれ、守りの時間を長く強いられることがあります。試合は勝負ですから、まず負けない事を考えることは愚策ではありません。けれど必死に守っていても、カウンターチャンスを逃すまい、という意識を秘めた守りであるべきです。積極性を秘めた守りでなくてならないと思います。「守りのズーム」とは、「守ることもできる」という意味なのです。「守ることもできる」ということは、「攻めることもできる」ということを含んでいるのです。

サッカー106-05.jpg

サッカー106-06.jpg

サッカー106-07.jpg

サッカー106-09.jpg

サッカー106-08.jpg

サッカー106-11.jpg

サッカー106-12.jpg

(今回も、掲載画像は全てズームレンズで撮ったものです)

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカー撮影105(守りのズーム・攻めの単焦点 その3) [サッカー撮影]

サッカー105-01.jpg

前回に引き続き、もう一例載せます。今度は違う日(雨天)、違う試合で撮った写真です。今度は7連写です。
1D MarkⅣ+EF200-400mm F4 L IS 1.4x  (ノートリミング)
 シャッター速度優先AE 評価測光 露出補正 -2/3 シャッター速度 1/1250 F5.6 ISO 2000  焦点距離 可変(1.4x使用)

サッカー105-02.jpg

サッカー105-03.jpg

サッカー105-04.jpg

サッカー105-05.jpg

サッカー105-06.jpg

サッカー105-07.jpg

サッカー105-08.jpg

ピッチサイドを駆け上がる選手を連写で撮ったものですが、撮影者である私は動いていません。Exif Dataからその時の焦点距離を重ねて載せました。背景を見れば分かるように、私が近づいてくる選手に対して、レンズを振りながら&ズーミングしながら連写していることがお分かりいただけると思います。
最初の560mm(テレ端400mm×1.4)のまま連写していたら、560mmの単焦点レンズを使っていたら、途中から選手が画面内に収まらずに、大きく切れてしまっていたことでしょう。何も、主たる被写体である選手が切れないよう全身を写さなければならない、という決まりがある訳ではありません。意図的に切ることは表現の手法の一つだし、何よりこれまで大きく撮ることを薦めてきた私ですから、被写体が切れること自体を否定はしません。ただここで私が言いたいのは、ズームレンズだから引くことができた、という点です。つまり、ズームレンズを駆使することで、画面からはみ出ること無く選手の一連の躍動する姿を撮り収められた、ということです。それは、切れそうな状況から「守った」とも言えるでしょう。

サッカー105-11.jpg

サッカー105-12.jpg

広いピッチを縦横斜め不規則に動き選手が被写体です。つまり、撮影者と被写体との距離が常に変化している。だからこそズームレンズを使うのであって、試合中は指が疲れるくらいズームリングを小刻みに回し続けなければならないはず。その為のズームです。そしてその裏側には、より良い画を残したい、という熱意と要求、そして積極性が有るはずです。

サッカー105-09.jpg

サッカー105-10.jpg

サッカー105-13.jpg

サッカー105-14.jpg

サッカー105-15.jpg

(今回も、掲載画像は全てズームレンズで撮ったものです)

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカー撮影104(守りのズーム・攻めの単焦点 その2) [サッカー撮影]

サッカー104-01.jpg

前回に引き続き、もう一例載せます。前回の作例と同じ試合のものです。
1DX MarkⅡ+EF200-400mm F4 L IS 1.4x  (ノートリミング)
 シャッター速度優先AE 評価測光 露出補正 -1/3 シャッター速度 1/1250 F4.5 ISO 1000  焦点距離 300mm

サッカー104-02.jpg

撮影者である私が狙ったのは、ジャンプして頭でボールを受ける白ユニフォームの選手です。200-400mmのズームレンズを使って、300mmで撮っていますが、なぜ300mmなのか。既にご覧の方はお分かりだと思いますが、ジャンプしても選手が画面からはみ出さないようにするためです。その目論見は達成しましたが、そのような撮り方を私はお勧めしてきませんでしたし、私には「守りに入った画」と映ります。トリミングすれば良いではないか、という意見もあるでしょうから、トリミングした画を下に載せます。

サッカー104-03.jpg

ピントは外していないと思います。これはこれで使える画なのかもしれませんが、背景がちょっとウルサク、シャキッとしない画のように思いませんか。
では、上記と同じ試合で撮った別の画を載せます。今度はトリミング無しです。
1DX MarkⅡ+EF200-400mm F4 L IS 1.4x  (ノートリミング)
 シャッター速度優先AE 評価測光 露出補正 -1/3 シャッター速度 1/1250 F4.0 ISO 800  焦点距離 400mm

サッカー104-04.jpg

同じように、ジャンプして頭でボールを受ける白ユニフォームの選手を撮った画ですが、一例目とは印象が違います。どちらが良いかは明白かもしれませんが、撮影の難易度的にも両作例にはかなりの開きがあり、もちろん後者の方が遥かに難しいことは確かです。

サッカー104-09.jpg

サッカー撮影の初心者の方の画を何度か見たことがあります。多くはズームレンズを使われてましたが、そこで「なぜズーム域を目一杯使わないのか」と思うことが多かったです。「テレ端まで使えば、もっと主題となる選手が引き立つのに」とか、「まだ引けるのに、近づきすぎたから、とシャッターを切るのを辞めてしまうのは惜しい」、そう思ったことが何度かありました。たとえば下の画(ノートリミング)は、7D2+EF70-200+1.4xのワイド端で撮った画です。

サッカー104-08.jpg

サッカー104-11.jpg

今回は「守りのズーム」というテーマで書いていますが、消極性を伴う「守り」では、上達も無ければ最終的な勝利も望めない、それは実はサッカーと同じなのです。

サッカー104-06.jpg

サッカー104-05.jpg

サッカー104-07.jpg

サッカー104-10.jpg

(今回も、掲載画像は全てズームレンズで撮ったものです)

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | 次の4件 サッカー撮影 ブログトップ