So-net無料ブログ作成

トレード [カメラ機材]

トレード1.JPG

約8カ月の海外留学から愚息1号が帰国したことは、このブログでもご報告しました。ということは、この8カ月の間に海の向こうの多くのシーンと共に、愚息1号の手に渡ったKiss DX+TAMRON B005も一緒に帰国した訳です。このKiss DXは、私が2007年1月に購入したものですから、もう丸6年以上の稼働。それに加えて一昨年と今回の2回の海外渡航ですから、外観は手垢が付き、小傷も散見、ボタンの文字も欠け、内臓フラッシュがポップアップしない不良も。累積ショット数はそれほどでもないと思われますが、一度メンテしたいところです。前回、作品展を見に名古屋へ行ったことを書きましたが、その際にこのKissも含めて、手持ちボディを名古屋サービスセンターに持ち込みました。Kiss DX・7D・1D MarkⅣの3台のセンサークリーニング&無料でできる範囲のファインダー内清掃&累計撮影枚数の確認、以上3点を申込み、3時間程かかりましたが、当日持ち帰ってきました。もちろん有料で、1台1050円。
3台とも小傷は直りませんが、外観はきれいにクリーニングされ、ファンダーを覗いてもゴミは見当たらず、これで暫く気持ちよく撮れそうな感じがします。累計撮影枚数は、Kiss DX(約17600回)・7D(約25000回)・1D4(約82400回)で、自分としては思ったよりも少なかったです。ポップアップしなかったKiss DXのフラッシュも直ってました。いづれも、今のところシャッター周りに異常は認められない、とのことですから、この点でもちょっと安心。まあ、だからといって、この安心がずっと保障される訳ではないのですが。

トレード2.JPG

さて、ここからが本題。愚息1号を「ちょっと話がある」と自室に呼びます。昨年のキヤノンフォトコンテスト受賞の際の副賞が、Kiss X6iレンズキットだったことは、このブログでもご報告しましたが、実はその箱は一度も開けないまま、この日に備えていました。
「この新品のKiss X6iレンズキットと、オマエが今使っているKiss DX+B005と交換しないか?」
というのが私からの提案。怪訝そうな愚息は、「6年前の機種より新品で現行機種の方が、性能的にイイんじゃないの?」と当然の疑問。もちろん親心として、より性能の良い機材を愚息に提供し、ステップアップして欲しい気持ちもあります。それに加えて私には、Kiss DXの方に魅力を感じる点もあるのです。それは大きさ。
以前このブログでもちょっと書いたことがありますが、キヤノンのエントリー機であるKissは、どうしてこんなにも大きく立派になってしまったのか、と。バリアングル液晶を搭載したこともあるでしょうが、ニコンやソニーのエントリー機は、女性が苦も無く扱えるように、もっと小さい。小さいと男性の手では扱い辛いとの評価も出そうですが、気軽にバック(カメラバックではない、日常用途のバック)に入れて、出会ったシーンをサッと撮る、という日常スナップ的な用途には、何といっても小さなボディが必須だと思うのです。一昨年、Kiss DXを愚息に渡してからは、そうした用途に7Dを使っていた訳ですが、7Dでは何とも大きく、重い。かといって、現行Kissでは大きくなりすぎて、私の触手を伸ばす魅力に欠けるし、ファインダーの無いミラーレスは嫌い。コンデジではレンズ交換の楽しみが無く、こんなスナップでもRAWで撮りたい。そんな状態で、新品のKiss X6iが無料で舞い込んで来たわけですから、上述のトレード話が私の脳裏に沸々と持ち上がったのは、実は自然なことだったのです。

トレード3.JPG

上の写真で分かっていただけるかどうか分かりませんが、手に持ってみると明らかにKiss DXの方が一回り小さい。私には、1000万画素で充分、ISO 1600までで充分、連写秒3コマで充分、動画など必要ない。RAWで撮れて、手持ちレンズが使えて、この小ささの方が魅力があるのです。新品のKiss X6iを手に取っていろいろイジッテいた愚息1号から、苦も無く「了解」の返事を得た私は、内心ほくそ笑んだ訳でした。

トレード4.jpg

今後しばらくは、この3台体制でいきます。
(PS:何だかキヤノンから超小型一眼の発売が噂されてますが・・・)

nice!(3)  コメント(4) 

nice! 3

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
wataru-wata

こんにちは。

小さいのが、最近主流みたいですね。

当方、手が大きいのかkiss系はどうも操作がしづらく、1D系がちょうどなんですね。

ちなみに、我が家では20Dが家人&娘のカメラになっております。

20D+EF40 STMだと、ほんと小さくて奥さんは快適に使っております。


ところで、1つご教授いただきたい事があり、本日は書き込みをさせていただきました。

ジュニアユース様はサンニッパとヨンニッパを所有されていたと記憶しております。

当方、サンニッパを所有しているのですが、望遠が足りず、買い足しを検討しています。

娘がバレエを習っているので、ヨンニッパが候補なのですが、サンニッパと使い分けが出来るのか不明で、ロクヨンと悩んでおります。

ジュニアユース様はこの2本を使われて、「使い分け可能」と感じておられますか?それとも「うーん、似たような感じだな」とお考えでしょうか?

すいません、突然質問しまして・・・
by wataru-wata (2013-03-19 13:35) 

ジュニアユース

wataru-wataさん、お久しぶりです。
バレエの撮影? ヨンニッパ? ロクヨン?
そこまで視野に入れているとは、気合入ってますね。そういう時は、思い切っていっちゃいましょう!

と背中を押しますが、以下はちょっと真面目に。
私は確かに、サンニッパとヨンニッパを持っています。さらにヨンゴーロクまで。
サッカーしか撮らないのに、そんなにあって使い分けられるのか、無駄じゃないか、と思われるかもしれませんが、
ただ私、この3本もう何年も撮り続けていて、それなりに使い分けているつもりです。
ただこの3本、大きさ・重さが全然違います。私は、サンニッパまでは、いろんな方にお勧めしています。
これぞ単焦点Lという、ヌケの良い画を堪能できるからで、被写体を選ばず使えます。ただこれがヨンニッパとなると、
大きさ・重さがかなり違います。サンニッパを単純に100mm伸ばしたものと思わない方が良いです。ロクヨンは、
私は使ったことがありませんが、更に長く、用途が限られますね。
CANON PLAZAあたりに出向いて、実物を見て、持ってみることをお勧めしたいところです。

by ジュニアユース (2013-03-19 23:20) 

副将

ボディの軽量化。
先日、大阪に撮影遠征したときに痛感すました。
移動しながらなんでコインロッカーに預けるわけにもいかず、全量持ちながらの移動&撮影。
40D一台でしたがBGと18ー200だけでも結構重いんです。更に雨。
大阪城が一番キツかったですね。
とりあえずパッケージングも大事なんでロープロのファスト買うことにしました。
by 副将 (2013-03-23 07:44) 

ジュニアユース

副将さん、コメントありがとうございます。
本格的な撮影では、どうしても機材が多くなりがちですよね。特に普段行っていないところでは。
機材の重さが負担になると、撮影意欲にも影響しますから、そういった意味でバックの選択も
重要だなあ、と最近思います。なのでまた、物欲が刺激されたりして・・・

by ジュニアユース (2013-03-23 16:52)