So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

すそ野にて 7(ハーフタイム) [サッカーあれこれ]

すそ野にて7-ハーフタイム.jpg

県サッカー協会のカメラマンを務めている私は、年代性別問わず、いろんな大会に顔を出しては撮り続けています。多くの場合、観客や保護者の方々より近い場所から撮影するので、まず大会本部に行って撮影許可を頂くのですが、その際に機材などを大会本部に一時的に置かせていただく場合もあります(盗難防止の意味もあります)。ハーフタイムになれば選手と同じように、一時休憩や水分補給、メディアの交換等の為、その本部に戻るのですが、大きな大会の決勝戦以外では、役員の方やレフリーの方に交じって、そのような場を借りてお世話になっていることもあります。その本部ですが、主要大会の決勝戦はともかく、それ以外の試合(公式戦でも)では、両チームのベンチの中間に本部が設営してある場合が多いです。そうなると、ハーフタイムでの両チームの様子が意図しなくても伝わってきます。
中学生年代のある大会の準々決勝。前半を0-0で終えた両チームの選手達がベンチに引き上げてきます。Aチーム選手たちは、まず水分補給のために各自がボトルを手にします。そこでAチームの監督が言います、「みんな水分補給をしながら聞け」と。その手にはフォーメーションが描かれたボードが持たれていて、前半の戦い方の問題点を指摘していきます。選手たちはボトルを手にしたまま、監督の言葉を聞き続けています。その後は各個人の問題点や後半に向けた修正点を話し続けます。更に、この試合の意味や意気を鼓舞する言葉が延々と続きます。最後に、叱咤激励する言葉が出ると、主審からホイッスルが鳴り、後半に向けて各選手が小走りにピッチに向かって行きました。結局このAチームの監督は、10分間というハーフタイムの間、時にボードを指さし、時に大声で、時に動作も交えながら、ずっと喋り続けていました。それを傍らで見ていた私は、後半に向けてピッチに散っていくAチームの選手たちの表情を見て、監督の言ったことがどれだけ理解できたのか、後半に向けて自らがどうしようとしているのか、懐疑的になってしまいました。
では、もう一方の対戦相手のBチームはどうだったか。ベンチに戻ってきた選手たちが、まず水分補給をして、その後監督の前に集まったのは同じ。しかしその後Bチームの監督は、「勝ちたかったら後半頑張れ」その一言を告げるとベンチから出て行ってしまいました。残された11人の選手と控え選手達。その後、彼らから次のような会話が漏れ聞こえてきました。
「おい、ヤバイよ、監督怒っているよ」
「どうする?」
「俺思うんだけど、相手の7番より俺の方が絶対足が速いと思うんだ。だから裏にボール出してくれよ」
「そうだな、そうしよう」
「バックパスをするとき、キーパーから声をかけてくれるとノールックで出しやすい」
「そうか、分かった、そうする」
「相手の10番にボールが渡ると左右に散らされて、俺たち走らされるからキツイよな」
「そうだよ、そこはボランチが早めにプレスに行かないと」
「ウン、俺が付くからオマエは後ろでバランス取ってくれ」
「了解した」
そんな選手同士の会話が続いていたところに、Bチームの監督が戻ってきました。本部からその監督に、「メンバー交代ありますか?」との声が掛かりますが、「ありません」と答える監督。その刹那、「よし!」という小さな声が選手から出たことを私は聞き漏らしませんでした。その「よし」は、メンバー交代が無いなら今話したことが実践できる、という意味でしょう。ハーフタイムが終わってBチームの選手もピッチに散っていきました。
さてその後、この試合がどういう結果になったかは、ご想像にお任せします。
勿論この一試合だけを見て、私は結論めいたことを言うつもりはありません。中学3年生にとっては、2年半という時間の積み重ねがあって、この試合にたどり着いたのです。その間、多くの練習と試合を重ねて、監督と選手、選手同士の関係を築いてきたはずです。Aチームの監督にしても、多くは語らず選手に自由にやらせた試合もあったでしょうし、Bチームの監督も、練習では細かなことまで指導していたこともあったでしょう。年によってメンバーが変わるのが学生スポーツですから、去年と今年では指導方法が変わったかもしれません。いづれにせよ、其々のチームには其々のやり方・育成の仕方があり、それがチームカラーとなっているはずです。そのカラーが何色も有ってもおかしくないどころか、何色も有るべきだと思います。
今回私が目にした光景は、その一断片にしかすぎず、カメラマンとして両チームのベンチ近くにいたから得られたものです。では、ベンチから遠く離れた場所から見ていた保護者の方々には、どう映ったでしょう。Aチームの監督は熱心で、Bチームの監督は殆ど指導をしていない、と映ったかもしれません。この時期ですから、小学生やその保護者の方も見に来ていました。来年の進路を決める為でしょう。その彼らにはどう見えたでしょうか。
サッカーはチームスポーツです。一個人の能力の優劣だけで勝敗が決まるわけではありません。と同時に、一個人がチーム全体のカラーを決めることも難しい。こんな地方の県大会準々決勝など、全国的に見れば「取るに足りない試合」なのかもしれませんが、日本代表をサッカーピラミッドの頂点と考えるなら、その頂点を目指すには、この「すそ野」から昇り詰めないといけない。そう考えると、チーム選び・指導者選びは、なかなか「取るに足りない」ものではないな、と思ってしまいました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

速報性 [写真・撮影]

速報性1.jpg

今年もまた、この時期がやって来ました、全国高校サッカー選手権。先週末は我が県の代表校が決定する決勝戦を撮りに行ってきました。この大会は注目度が高いですね。毎年いろんなアマチュアの大会を撮っていますが、観客数では一番です。もちろん、某サッカー雑誌のカメラマン兼務です。

速報性2.jpg

実はその決勝戦の二日前に編集部から申し出がありました。それは、「毎回ウェブサイトでその日の速報をしているが、ハーフタイムに、どちらが勝ってもいいように1枚か2枚、両チームの絡み写真を送って欲しい」というものでした。もう何年もこの社から依頼を受けていますが、このような申し出は初めてです。現在は試合終了後に、即座に結果が全国に発信されます。ネット環境やスマートフォンの普及を考えれば、それを期待している方々、いや当然と思われている方々が多く存在することでしょう。文字だけの記事よりも、写真添付の方がより効果的なのは分かりますし、実際そうして写真添付で結果が流れています。情報の速さは日増しにアップしていますし、それに対応していかないと情報主の存在自体が危うくなることも理解できます。ただ私としては、今回の申し出はお断りしました。
その理由の第一は、会場のネット環境にあります。都会のスタジアムや最新の競技場には、報道用の部屋が用意され、無線LANが常設されていると聞きます。残念なことですが、我が県はその点で大きく遅れていて、そのような環境が整備されていません。第二に、RAW100%で撮っている私としては、撮った画を選別し、JPEGに現像して送る、という手間がかかります。その為にはパソコンが必須なのですが、その用途に適した機材を持っていません。第三に、私は県サッカー協会のカメラマンです。その為、どちらかのチームだけを撮ればよい、という立場にありません。決勝戦を戦う両チームがどちらも我が県のチームである以上、両方のチームを、両チームの出場選手を、できる限りまんべん無く撮る責務があります。必然的に撮影枚数は多くなりますから、そこから選ぶ作業には、どうしても時間がかかります。第四に、両チームを撮ろうとすると、撮影場所も工夫しなければなりません。ハーフタイムは10分程です。その撮影場所から控室まで、歩いても3~4分はかかります。その短い時間に、撮った写真を見て、選んで、送る、という作業をするには、時間があまりに無さ過ぎます。送る以上は責任がありますから、いい加減な写真は送れません。最後に、試合終了後すぐに始まる表彰式も撮らなければなりませんから、試合が終わったとて、自分の作業に移れる時間的余裕は有りません。
以上の理由で今回の編集部からの申し出はお断りした次第ですが、実際にその社のサイトを見れば、写真付きで結果が流れていますから、きっとハーフタイムや試合終了後即時に送っているプロカメラマンの方がいらっしゃることと思います。報道関係のプロカメラマンなら、日常茶飯事の当たり前の作業なのかもしれません。勿論、1000枚撮ろうが2000枚撮ろうが、編集部へ翌日発送が以前からの約束ですから、私にもそれくらいの時間が有れば対応可能です。けれどそれ以上を求められると、力不足を感じた次第です。

速報性3.jpg

一口にプロカメラマンといっても、その目的や要求される作業内容等によって様々だと思います。私自身がその範疇に入るかどうかはさて置いて、速報性を求められることは苦手です。私のスタイルは、一瞬一瞬のプレイをしっかり撮って、プレイ以外の記録すべき写真も撮って、それらの撮った写真を一枚一枚丹念に見て、要望される写真を選んで、納品の為に仕上げる、というものです。その為、どうしても手間と時間がかかります。サッカーを撮り始めて丸17年、県サッカー協会のカメラマンになって丸11年、撮り続けて確立した自分なりのスタイルは、実は今の時代にはマッチしていないのかもしれませんが、変えたくはありません。意地になっている訳ではありませんが、私の現在の立場や求められているもの、期待されているものを考えると、行き着いたのがこのやり方なのです。
写真を撮ることを生業としている方々がいらっしゃるでしょう。たぶん其々が其々のスタイルをお持ちで、でもクライアントの要求に弾力的に対応していらっしゃると思います。そういった方々から見れば、「甘い」と言われてしまうかもしれませんが、私に速報性を求められても、現在のところは難しいのが実情です。やはり、真のプロには成れないかな~

速報性4.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

給油口 [日々の徒然]

セルフ式のガソリンスタンドが登場して随分経ちました。もう全国平均で七割以上がセルフ式らしいですから、多くの方が給油を自分で行うことに慣れたことと思います。普段乗っている自分の車なら、給油口が右側(運転席側)なのか左側(助手席側)なのかは分かっていると思いますが、会社の車とかレンタカーだと、「どっちだったかな」と迷う事ありませんか。この車の給油口、ぜひとも全メーカーで統一して欲しいと思い続けている私ですが、簡単にわかる方法って、以前から有ったのですね。最近になって初めて知りました(もう40年近く運転しているのに)。

給油口.jpg

自動車には必ずガソリン搭載量を示す燃料計が有るのですが、その給油機アイコンの隣に三角の矢印が有って、その示す方向に給油口が有るのです。皆さん、知ってました?
車に乗る時はよく見るはずの燃料メーター、まさかこの小さな▲印が意味あるものだったとは知りませんでした。知ってしまうと、つい他人に教えたくなる私でした。
(今回は小ネタですみません)

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

サッカー撮影116(新index) [サッカー撮影]

サッカー撮影116.jpg

既報のとおり、これまで使ってきたso-net blogがss blogへと移行されました。これまで書いてきた916の記事も全て移されました。従来のURLでも新URLへ自動転送されますが、この際に新しいURLでリンクを貼ったindexを作り直しました。過去記事をご覧になる場合は、このindexをお使いください。

01  2007.03.11  プロローグ
02  2007.03.12  サッカーを撮るとは
03  2007.03.21  目指すサッカー写真とは
04  2007.03.24  ピントが重要
05  2007.04.01  AFに仕事をさせる
06  2007.04.04  AFフレーム
07  2007.04.07  両目を使う
08  2007.04.13  ブレとズレ
09  2007.04.15  出来る限り大きく 1
10  2007.04.27  出来る限り大きく 2
11  2007.04.30  焦点距離
12  2007.05.03  可能な範囲で動く
13  2007.05.06  狙いを絞る、縦で撮る
14  2007.05.11  選手の表情を狙う
15  2007.05.14  アレンジ
16  2007.05.19  親指AFについて 1
17  2007.05.25  親指AFについて 2
18  2007.05.27  親指AFについて 3
19  2007.06.19  デジタルカメラマガジンのSカメラマンの記事
20  2007.07.06  連写について 1
21  2007.07.09  連写について 2
22  2007.07.12  連写について 3
23  2007.07.20  連写について 4
24  2007.07.22  連写について 5
25  2007.07.28  連写について 6
26  2007.07.31  連写について 7
27  2007.08.01  連写について 8
28  2007.09.26  撮影者は、黒子に徹する
29  2007.10.06  額を作ってみよう
30  2007.11.28  最適なポジションを求めて
31  2007.11.30  変化する環境 1
32  2007.12.02  変化する環境 2
33  2008.02.20  目的をもって撮る
34  2008.02.22  「サッカーをやっている風景」
35  2008.03.05  縦で撮ることの勧め
36  2008.03.09  大きく撮る効果
37  2008.03.16  私のフル装備
38  2008.04.23  大口径レンズ 1
39  2008.05.09  大口径レンズ 2
40  2008.05.11  背景処理 1
41  2008.05.14  背景処理 2
42  2008.06.02  雨の日の撮影 1
43  2008.06.04  雨の日の撮影 2
44  2008.06.06  雨の日の撮影 3
45  2008.06.08  真夏の撮影
46  2008.07.22  撮影意欲と集中力
47  2008.07.26  動画と静止画 1
48  2008.08.04  動画と静止画 2
49  2008.08.30  調子の悪い日
50  2008.09.14  サッカーグランドは広い 画角とポジション 1
51  2008.09.17  サッカーグランドは広い 画角とポジション 2
52  2008.09.19  サッカーグランドは広い 画角とポジション 3
53  2008.09.24  サッカーグランドは広い 画角とポジション 4
54  2008.10.05  サッカーグランドは広い 画角とポジション 5
55  2008.10.07  サッカーグランドは広い 画角とポジション 6
56  2008.10.10  サッカーグランドは広い 画角とポジション 7
57  2008.10.19  サッカーグランドは広い 画角とポジション 8
58  2008.11.03  ズームレンズ、単焦点レンズ
59  2008.12.05  自称チーム専属カメラマン
60  2009.02.15  ボールを追え、ボールを追うな 1
61  2009.02.17  ボールを追え、ボールを追うな 2
62  2009.03.07  トリミング前提で撮らない
63  2009.03.20  初心者の方へ 1
64  2009.03.27  初心者の方へ 2
65  2009.04.17  撮った写真をどうするか
66  2009.05.20  一脚の勧め 1
67  2009.05.24  一脚の勧め 2
68  2009.06.05  一脚の勧め 3
69  2009.06.08  一脚の勧め 4
70  2009.06.10  一脚の勧め 5
71  2009.06.12  一脚の勧め 6
72  2009.08.29  プリントの勧め 1
73  2009.08.31  プリントの勧め 2
74  2010.01.30  三脚の勧め
75  2010.02.13  撮影していると試合を楽しめない?
76  2010.03.18  人工芝グランドでの撮影 1
77  2010.03.26  人工芝グランドでの撮影 2
78  2010.05.03  予算が限られるなら、何でも撮ろうとしない
79  2010.05.05  金をかけるか、手間をかけるか
80  2010.06.16  インデックス


「サッカー撮影」

01  2010.09.03  汗
02  2010.12.10  ギリギリのフレーミング 前編
03  2010.12.12  ギリギリのフレーミング 中編
04  2010.12.14  ギリギリのフレーミング 後編
05  2011.02.05  記憶色 前編
06  2011.02.10  記憶色 中編
07  2011.02.12  記憶色 後編
08  2011.03.26  喜怒哀楽 前編
09  2011.03.29  喜怒哀楽 後編
10  2011.04.22  ブランク
11  2011.05.11  Tv or Av その1
12  2011.05.13  Tv or Av その2
13  2011.05.16  Tv or Av その3
14  2011.05.18  Tv or Av その4
15  2011.06.03  斜光 前編
16  2011.06.05  斜光 後編
17  2011.07.17  ゴールキーパー 前編
18  2011.07.19  ゴールキーパー 中編
19  2011.07.21  ゴールキーパー 後編
20  2011.09.22  チーム専属カメラマン 前編
21  2011.09.24  チーム専属カメラマン 後編
22  2011.11.28  雨中のAF
23  2011.12.17  冬至期の撮影
24  2011.12.27  伝わる気合 1
25  2012.02.06  頭で競る
26  2012.02.10  歓喜の刻 その1
27  2012.02.15  歓喜の刻 その2
28  2012.03.04  歓喜の刻 その3
29  2012.03.06  歓喜の刻 その4
30  2012.03.09  歓喜の刻 その5
31  2012.04.01  伝わる気合 2
32  2012.05.13  撮る価値
33  2012.06.12  無駄
34  2012.06.15  撮らない
35  2012.06.19  発掘してみる
36  2012.09.08  表情を撮るために
37  2012.09.16  後姿
38  2012.10.19  撮った実感
39  2012.10.23  画になる子
40  2012.12.15  小学生サッカー撮影の機材
41  2013.01.21  ポートレート的 前編
42  2013.01.24  ポートレート的 中編
43  2013.01.27  ポートレート的 後編
44  2013.02.23  背景を考える その1
45  2013.02.25  背景を考える その2
46  2013.02.28  背景を考える その3
47  2013.03.01  背景を考える その4
48  2013.04.11  偶然の産物 前編
49  2013.04.14  偶然の産物 中編
50  2013.04.16  偶然の産物 後編
51  2013.05.24  胸トラップ
52  2013.08.30  領域拡大
53  2013.09.20  サブ機 その1
54  2013.09.22  サブ機 その2
55  2013.09.24  サブ機 その3
56  2013.09.26  サブ機 その4
57  2013.09.28  サブ機 その5
58  2013.11.11  高い打点 前編
59  2013.11.14  高い打点 後編
60  2014.01.27  漁
61  2014.02.26  1.4×テレコン or APS-C機 その1
62  2014.02.28  1.4×テレコン or APS-C機 その2
63  2014.03.03  1.4×テレコン or APS-C機 その3
64  2014.03.06  1.4×テレコン or APS-C機 その4
65  2014.04.29  雨中 前編
66  2014.05.04  雨中 中編
67  2014.05.10  雨中 後編
68  2014.07.09  それでも捕捉し続ける その1
69  2014.07.12  それでも捕捉し続ける その2
70  2014.07.15  それでも捕捉し続ける その3
71  2014.07.18  それでも捕捉し続ける その4
72  2014.07.21  それでも捕捉し続ける その5
73  2014.07.24  それでも捕捉し続ける その6
74  2014.07.27  それでも捕捉し続ける その7
75  2014.07.30  それでも捕捉し続ける その8
76  2014.10.04  ボールを見つめる眼 その1
77  2014.10.07  ボールを見つめる眼 その2
78  2014.10.09  ボールを見つめる眼 その3
79  2014.10.12  ボールを見つめる眼 その4
80  2014.10.15  ボールを見つめる眼 その5
81  2015.02.11  俯角の撮影 その1
82  2015.02.14  俯角の撮影 その2
83  2015.02.17  俯角の撮影 その3
84  2015.02.20  俯角の撮影 その4
85  2015.02.23  俯角の撮影 その5
86  2015.04.08  ジャンプ その1
87  2015.04.11  ジャンプ その2
88  2015.04.14  ジャンプ その3
89  2015.04.17  ジャンプ その4
90  2015.04.20  ジャンプ その5
91  2015.07.15  形相 前編
92  2015.07.18  形相 後編
93  2015.11.02  画像データ
94  2015.12.02  等倍
95  2016.01.20  シャドー 前編
96  2016.01.23  シャドー 後編
97  2016.03.11  撮影ポジション
98  2016.05.03  ボールの無い画 前編
99  2016.05.06  ボールの無い画 後編
100 2016.06.04  楽しい!
101 2016.10.01  index
102 2018.04.20  モチベーション
103 2018.04.25  守りのズーム・攻めの単焦点 その1
104 2018.04.29  守りのズーム・攻めの単焦点 その2
105 2018.05.02  守りのズーム・攻めの単焦点 その3
106 2018.05.06  守りのズーム・攻めの単焦点 その4
107 2018.05.15  守りのズーム・攻めの単焦点 その5
108 2018.05.19  守りのズーム・攻めの単焦点 その6
109 2018.05.23  守りのズーム・攻めの単焦点 その7
110 2018.05.27  守りのズーム・攻めの単焦点 その8
111 2019.06.12  フットサルの撮影 その1
112 2019.06.16  フットサルの撮影 その2
113 2019.06.20  フットサルの撮影 その3
114 2019.06.25  フットサルの撮影 その4
115 2019.06.29  フットサルの撮影 その5
116 2019.11.05  新index
117 

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | -