So-net無料ブログ作成
巷の雑感・時の想い ブログトップ
前の4件 | -

過去へのいざない [巷の雑感・時の想い]

好きな人ができてお付き合いする、それはつまり恋愛交際です。しかし、「結婚する」「婚姻届けを出す」となると、それまでは親の戸籍に入っていた二人が、それぞれの親から独立し、新しく夫婦の戸籍が作られます。それは一つの家庭の誕生です。その後、子供がいる・いない、親と同居する・しない、は様々でしょうが、誕生した「家庭」は人と同じように、年月を重ねるにつれて、嬉しいこと・悲しいこと・喜んだこと・悔しかったこと等の出来事を重ねて行きます。良かれと思って決断したことが予想外の方向に行ってしまったこともあるでしょうし、突然思わぬ不幸が降りかかってくることもあるでしょう。喜びや感動を家族全員で味わったこともあるでしょう。人がその人生において経験するそんな出来事が、個人のみではなく、家庭という器に降り注がれるものだと考えれば、社会という大きな枠組みから見れば、ほんの一片に過ぎなくても、その想いや記憶は貴重で大切にしなければならないことでしょう。その「家庭」も生まれたばかりの頃は未熟で無知で微力ですが、それを構成する人たちが大切にしたいという気持ちを持ち続ければ、まるで生き物のように成長していくものだ、と今振り返って思います。
私は結婚して三人の子供に恵まれました。「五人の家族」とは、五人の人間の集合体ということです。人は生まれたばかりの頃は泣くことしかできないにしても、様々な経験を積み重ね、夢や希望を持つに至り、それを具現化する力を蓄え、他人を思いやる心を養いながらも、この人の世で生きていく術を身に付けていく。それが人の成長というならば、この家庭もまた同様に、親が親らしく、子が大人になっていくように、成長していくのだと思います。ただ、成長は変化でもあります。いつまでも同じ形でいることはできないのかもしれません。いや、その必要性は最初から無いのかもしれません。人が日々成長していくのなら、家庭もまた成長する、つまり変わっていくものなのでしょう。

過去へのいざない.jpg

ここに一枚の写真があります。この写真は永らく、家族が集まるリビングに飾ってありました。家内がお気に入りの額に入れて置いたので、いつも家族全員が目にしたものです。この写真を撮ったのは2001年でしたから、我が家庭が出来て15年目のことです。そしてもう一枚。この写真も永らく、先の写真と同じように飾られていました。「あの写真と同じようにして撮ろう」と言って、同じ場所で同じように撮ったもので、それは2008年のことでした。
一枚目の写真を撮る前も、一枚目と二枚目の間の7年間にも、そして二枚目を撮った後も、我が家にはいろんなことがありました。この二枚の写真はずっと並べて有りましたが、今ではこの写真を眺めるのは、私と家内だけになってしまいました。これを見て私の胸に去来する想いは、この家庭が歩んできた道程です。それは家内の胸の内のものと同じではないかもしれませんし、それは不思議なことでもありません。私も家内も、一人の人間なのですから。でも共有できるものもあります、共感できるものもあります。長い道のりを共に歩いてきたのですから。
今や写真など、誰にでも何時でも簡単に撮れるものです。それでもずっと後になって、長い時間の中で沢山の出来事が有って、それが思い出として記憶に残っていれば、何気なく撮った一枚が過去への誘いのスイッチになることもあります。人も家庭も変わっていくものなのですから。それを懐古趣味と笑わないでください。振り返って思いを馳せるだけのものを持っている、と胸を張っていたいから。
撮られた写真は変わらない。変わるのは、それを見る人の方なのです。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ありがとうの日 2019 [巷の雑感・時の想い]

今年もこの日がやって来ました。このブログを以前から見に来ていただいている方々には、もう説明の必要もないでしょう。あれから丸8年が経ちました。

ありがとうの日2019.jpg

あの日はどんよりとした曇り空だったと記憶しています。今日は梅雨入り前の快晴です。
愚息2号は大学四年生になり、長かった学生生活の最後の一年を東京で送っています。五体満足で。
もちろん私の記憶から、あの事故のことが無くなることはありません。本人も、私も、家族も、そして友人やチームメイト全てが悲しみ、でも再起を願ったからこその「奇跡」だったと思います。なので、毎年この日は、手を合わせて感謝することにしています。

6月6日は誕生日でも、記念日でも、命日でもなく、「ありがとう」と思う日にしたいと思います
ありがとう
今年もこうして「ありがとう」と言えることに、ありがとう

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

三つの時代 [巷の雑感・時の想い]

三つの時代.jpg

この世に自分という存在に気付いたのは、何時だったろう
昭和と呼ばれる時代に生まれ、青春と呼ばれる時を渡った
人の子の親となったのは、暦が平成になった頃
辛く苦しく乏しく、でも無我に夢中だった
時が流れ、自分も変わり、周りも移ろい行くが、まだ終着駅ではない
けれど時の節目を迎えたのなら、私も次のページをめくらねばなるまい
まだ次の項が有ることを、今は素直に喜びたい
それでもいつか、最後のページはやってくるだろう
その時は、三つの時代を生きた証を書こう
もう既に、たくさんの想いを抱いているのだから

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

来たる桜に去る人を思ふ [巷の雑感・時の想い]

桜.jpg


我が街に、今年も桜がやってきました
桜を見れば、冬が終わったことを感じます
雪を見たのは一日だけ、積りもしなかったのですから、きっと暖冬だったのでしょう
けれど、時に厳しい寒風に怯みそうになることもありました
それはつまり、易々と春を謳歌できる訳ではないぞ、ということなのかもしれません
季節は巡る、巡る季節の節々に、ふと立ち止まって想いを馳せる時がある
桜は美しいけれど、その美しさは散り行く運命(さだめ)を感じるからなのか
それでも今は、この桜の美しさを楽しみたい、と思ふ


先週末、次男が我が家に帰ってきました
この四月から、学生生活最後の一年を迎えます
まとまった休みの時に、故郷に帰って来てくれることは、親として嬉しいことです
けれど、自宅で過ごす時間が回を追うごとに短くなっていく
それはつまり、自分の生活の基盤がもう此処には無いことの証なのかもしれません
子が育ち、その子に飛び立つ力を感じれば、ふと振り返りたくなる時がある
親はまだ親だけれど、その役目が終わろうとする時に、感じるものは「老い」なのか
それでも今は、逞しくなった我が子の背を見つめていたい、と思ふ



今日、桜と入れ替わるように次男は、東京へ戻っていきました。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の4件 | - 巷の雑感・時の想い ブログトップ