So-net無料ブログ作成

再び剣を持ちて闘えと [写真・撮影]

「もうどれくらい撮っていない?」
4ヶ月ほど
「これまで、そんなに撮らなかったことは無いのでは?」
はい
「何故撮らない?」
・・・
「選手の親でなくなったからか?」
そうかもしれません
「今までも、自分の子だけを撮っていた訳ではあるまい」
むしろ自分の子やそのチーム以外を撮ることの方が多かったです
「それならば、何の問題が有ろうか?」
理屈ではそうです
「理屈以外の部分が問題なのだと?」
そんな気がします
「それは、何?」
自分の子やそのチームを撮る、それがベースであったことに気づきました
「それが無くなったら撮れないのか?」
撮れると思います ただ・・・
「ただ、何だ?」
それが意外にも大きかったことに気づきました
「ベースが無い、足場が無いことが、そんなに問題か?」
何だかフワフワして、撮ろうとする意欲に欠けるのです
「それは問題だ、撮らない方が良い、真剣にプレイしている選手に失礼だ」
・・・
「いっそ、機材を全て手放して、辞めた方が良い」
そう、思ったことも事実です
「それで良いのか?」
分かりません
「脆いものだな、今まで努力してここまで来たのだろう」
はい
「今でも、撮って欲しいという希望や要望があるのだろう?」
はい
「その声に応えようとは思わないのか?」
・・・
「それら周りの期待と支えがあって、ここまで来たのではないのか?」
そのとおりです
「ならば、それが新たなベースになるのではないのか?」
そうかもしれません
「それだけではダメだと?」
何か内から湧き出るものが無い気がします
「サッカー場に足を運び、そこで闘う選手を見ずに何を言うか!」
・・・
「真剣とは、本物の剣と書く」
・・・
「スポーツを撮るのがスポーツならば、真剣に勝負をしている選手を撮るのも、また勝負」
再び剣を持って闘えと?
「選手が持てる力を振り絞って闘うことは、お前がこれまで培ってきた力で撮る事と同じ」
はい
「選手の気を感じ、試合に入り込んでシャッターを切れ」
はい
「剣折れるまで闘ってから、言い訳を探せ」
はい
「それがジュニアユースと名乗る、お前の美学だろうに」
YES!

再び剣.jpg

2002年秋に、愚息がトレセンに選ばれて、愛知県に遠征した際に見た姿。それをどうしても形にして残したくて始めたサッカー撮影。最初はフィルム一眼と安いレンズから始めて、デジタル一眼に持ち替えて現在に至っています。試行錯誤を繰り返しながら13年の時が経ち、14年目の今、気持ち新たに撮り始めます。

nice!(6)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 9

コメントの受付は締め切りました
Pure

14年目、期待しています!
by Pure (2016-04-14 13:12) 

天然ママ

私 気持ちすごく分かります(*_*) 私も息子よりチームメイトを沢山撮り、息子が卒業した後も 中学に行き、後輩を撮ったりしていたのに・・・。息子が引退してからというもの 一眼を持つことがなくなってしまいました。やっぱり根底は息子の頑張る姿を 追っかけていたんだなぁ~とつくづく思いました。
ど素人の私は ジュニアユースさんの写真を見て、記事を読んで 勉強しました。
サッカー選手の撮り方を教えていただきました。感謝しかありません。
新しく 1歩を踏み出すのは素晴らしいですね(*'▽') また違った写真が見られるかもと楽しみにしてます。

by 天然ママ (2016-04-14 18:31) 

ヤスキチ

ご無沙汰してます、スペランツァFC大阪高槻のオフィシャルをして「ました」ヤスキチです。
というのも昨年一杯でオフィシャルは引退しました。(9年間やりました)
長年やってると、モチベーションの維持とか撮るための理由付けって難しいですよね…。
機材売ろうかなとも思いましたが、暫く撮影してないと何かシャッターを押したくて押したくて仕方が無い(笑)
何か被写体になるものを探したいと思います(^^ゞ

ジュニアユースさんの14年目、期待してます!
by ヤスキチ (2016-04-14 20:36) 

ジュニアユース

みなさん、コメントありがとうございます。

Pureさん、こんにちは。
14年目がどうなるかわかりませんが、まあたぶん、これまで通りでしょう。
今後ともよろしくお願いします。

天然ママさん、こんにちは。
撮る写真は変わらないかもしれませんが、撮るスタンスは変わるでしょうね。
それがどうなるのか、今はさっぱりわかりませんが、まずは撮り始めることが大事だと思っています。
今後ともよろしくお願いします。

ヤスキチさん、お久しぶりです。
そうですか、専属カメラマンは卒業されたのですね。
私も別の競技を撮りたい気持ちは大いにあるのですが、今はそこまで手が回らない現状です。
貧乏暇なしですから。
今後ともよろしくお願いします。

by ジュニアユース (2016-04-15 22:59) 

hiroki

おかえりなさいませ
気持ちを新たに、いざ!
by hiroki (2016-04-16 09:48) 

ジュニアユース

hirokiさん、こんにちは。
新たな気持ちには違いありませんが、撮る写真に違いが出るのか分かりません(笑)。
でも、今年もがんばります。

by ジュニアユース (2016-04-16 21:56) 

RX78-1

お久しぶりです(サッカー撮影 アレコレの掲示板)で以前愚作を投稿させて頂きましてありがとうございました。
文章読んで泣けてきました。今、大学生の長男が小学生の時から少年サッカー団に所属し土日のほとんど、最初に買ったデジ1の20Dに70-200 2.8ISを担いで早朝に雨にと関係なくバシャバシャと撮って最後の卒団の時のアルバム用の撮影に楽しんでいました。次男とあわせて丸9年間、あっという間でした。それまでにカメラも妻に都合のいい言い訳して1DIIIと7Dの二刀流でレンズ100-400ISを一脚に取り付けてフィールドを何周と回っていました。次男が卒団して早4年、在団している親の方にいつでも声かけて頂ければいつでも撮影しますと言いましたがずっと、依頼ゼロ.....ではその間自分の子どもといえば、でっかいカメラにでっかいレンズで来るから恥ずかしいと......
しかし地元の少年野球の知り合いから卒団式の撮影して欲しいと。メチャクチャ嬉しかったです。ただ久しぶりの撮影、しかも体育館でのストロボ撮影....グーグルやユーチューブでストロボ撮影検索...緊張しながらの撮影!楽しかったです。
その勢いでサッカー少年団に声かけたら、学年が違うからお願いしにくかったと。
子どもが卒団してもいつもように、グランドに行ってコーチと雑談しながら撮影すればよかったかなと。
だらだら書いてごめんなさい。
でも写真撮影楽しい~


by RX78-1 (2016-04-25 20:01) 

yusuhara

ジュニアユース様
ありがとうございます
三重県サッカーの選手はきっとジュニアユース様に撮ってもらうことが目標になっていると思います。
私も今年は復帰できると思っております。
今後とも宜しくお願い致します<(_ _)>
by yusuhara (2016-04-26 10:36) 

ジュニアユース

コメントありがとうございます。

RX78-1さん、こんにちは。
好きな写真を撮っていて、何らかの形で誰かに貢献できたら、それは素晴らしいことですよね。
写真撮影を趣味としていて良かった、と思える瞬間だと思います。
ちなみにこの記事は、
バリバリ伝説終盤で、グンが危険走行を問われて一戦の出場停止になり、日本に帰ってきて、
イチノセレーシングのガレージを訪れたシーンで、亡くなった秀吉と語る会話を連想して書いてみました。

yusuharaさま、こんにちは。
大事な大会の決勝戦は撮りに行くつもりですが、実は一回戦とか二回戦もホントは撮りに行きたいです。
ですが、なかなか時間の余裕が無くて。
今年もよろしくお願いします。

by ジュニアユース (2016-04-26 19:37)