So-net無料ブログ作成

ES-ST29 [日々の徒然]

前回は、映画「ブレイド」をちょっとご紹介しましたが、今回はシェーバーの「ブレイド」のことを。

ES-ST29-1.jpg

毎日使うシェーバーですが、「ただ要らぬヒゲを手軽に剃るだけの為に高価なものは必要無し、大体が手動のカミソリの方が好きだし」と以前書きました。それで手に入れたのが日立製「S-BLADE」でしたが、それを読み直してみれば、2013年5月10日の記事でした。あれからもう2年10か月経ったのですね。で、現在はどうかと言えば、既に内蔵バッテリーは用を足さなくなっていまして、1日かけて満充電しても1.2回しか剃れず、ほとんど有線シェーバーとなっています。主流のリチウムイオンではなく、安価なニッカドバッテリーを使って商品価格を抑えた割り切った製品である点は理解していたので、当然の成り行きです。剃り心地も、外刃・内刃ともにキレが落ち、当初の性能を全く保っていません。一見すると分からないのですが、使ってみれば明確、という現状です。まあ3年近く毎日使えば、こうなるのは当然ですよね。
そこで、「もう元は取っただろう」ということで、思い切って買い換えることにしました。以前同様、特にシェーバーにこだわりなど無く、どのメーカーのものでも良かったのですが、今回はメジャーメーカーPanasonic製の「ラムダッシュ ES-ST29-W」です。
http://panasonic.jp/shaver/lamdash_wet/es_st29/

ES-ST29-2.jpg

値段的に納得できれば、どのメーカー・どの製品でもよかったのですが、そんな動機だとなかなか決まらない。いろいろ見ていくうちに、外刃を外さずに洗い流せる、というのがこの製品の特長らしいですが、この点がポイントになって選びました。お値段も、前回の日立製よりは高価ですが、倍にはならず、この手の製品では安価な部類でしょう。今回はリチウムイオンバッテリーですしね。
で、実際に使ってみればどうかと言えば、もう文句無しです(私の使用では)。要らぬヒゲを剃るだけのシェーバーに、これ以上の性能を要求しません(私は)。もちろん、もっと高価なシェーバーなら、もっと気持ち良く剃れるのかもしれませんが、そこに投資する価値を見出せません(あくまで私見です)。これから毎日お付き合いすることになると思いますが、きっと前任機以上の性能をこれから2~3年の間、確保してくれることを期待しています。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー