So-net無料ブログ作成

AQUA×IGNIS [日々の徒然]

ゴールデンウィークも仕事です、と前回書きましたが、この期間中に休みが無かったわけでもなく、貴重なその一日に行ってきたのが「アクアイグニス」という処です。
https://aquaignis.jp/
アクアイグニス1.jpg

2012年10月にオープンしたらしいのですが、ちっとも知りませんでした。我が家から車で20分程で着くのですがネ。
以前から有った片岡温泉の用地に第二名神高速道路が建設されることになり、隣地移転することになり、その際に経営していたイチゴ園の卸先だったパティシエの辻口博啓氏、並びにイタリアンシェフの奥田政行氏と共同で新規施設として誕生したらしいです。元の片岡温泉の入浴・宿泊施設を中心に、著名シェフの直営レストランが並ぶ複合施設ですが、もちろん地元民である私達は宿泊はパスして、ランチを頂きに行きました。

アクアイグニス2.jpg

ゴールデンウィーク中ということで、早めに自宅を出たのですが、10時過ぎにはもう駐車場は一杯でした。他県ナンバーの車やバスが多かったですね。私達はまずお目当てのイタリアンレストラン(AM11:00~)に並んで予約を入れ、待ち時間の間に施設内を散策。

アクアイグニス3.jpg

確かに我が県には似合わない洒落たセンスの建物ですね。その名に「アクア」と付くように、施設周辺は水の床になってます。
さてランチです。ピッツァやパスタなど奥田シェフの季節限定メニューが気軽に楽しめる「イル・ケッチァーノ ミエ―レ」というお店でセットメニューを注文。う~ん、確かに素材にこだわっただけあって美味です。トマトソースも、ケチャップ感が皆無。チーズも安っぽさがまるで無い。いつもの「質より量(又は値段)」に慣れた舌に、久しぶりの繊細な感覚を蘇らせてくれます。

アクアイグニス4.jpg

食後に、辻口博啓シェフの人気店「コンフィチュール アッシュ」へ。初夏を思わせる陽気だったので、ここでは保冷剤を多めに入れてもらって、お持ち帰り。

アクアイグニス5.jpg

屋外の屋台では「苺まるごとかき氷」なるものに列ができてました。この直営農園で取れた苺を丸ごと凍らせて、その塊を削ってかき氷にしてくれるもので、さっそくいただきました。期間限定らしいですが、これも美味しかったですね。

アクアイグニス6.jpg

アクアイグニス7.jpg

宿泊棟にある、オリジナル商品が並ぶ土産店を覗いてみて、私は「和ラスクと和ラスク天空抹茶」というものを購入(期間限定という言葉に弱い私です)。サイトの紹介記事を引用すれば、
『上品で優しい甘さの和三盆や、美容・健康面でも注目されている希少糖含有シロップを絶妙なバランスでブレンドした味わい深いラスク。北海道産発酵バターと、香り深い辻口茶園の天空抹茶を合わせて焼き上げたラスク5枚と通常の和ラスク5枚合わせた季節限定商品です』
と書かれてますが、そのとおり、ほのかな甘さと抹茶風味のラスクです。これとベーカリー店で買った「アーモンドラスク」を手にして、ここを後にしました。

アクアイグニス8.jpg

アクアイグニス9.jpg

入浴もしなかったので、滞在時間としては3時間ほどですが、田舎暮らしがすっかり染み付いた身に、久しぶりに都会の高級感を思い出させてくれる施設でした。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
wataru-wata

ジュニアユース様、おはようございます☆

すごい綺麗な施設ですね!
私の田舎では見る事ができなさそうな施設で、羨ましい限りです。
まぁ、典型的な田舎なので都会的なものを目指してもダメ!って言うのが分かっていて作らないのは正解かもしれませんね(笑)

ところで、かき氷を作っておられる女性の手ですが、今では当たり前のように手袋してますよね。

いつ頃から手袋が当たり前になったんでしょう。

昔は素手でしたよね?
by wataru-wata (2017-05-09 09:21) 

ジュニアユース

wataru-wataさん、我が家のあるところも田舎ですから、こんな施設作って大丈夫?って思いましたよ。
ゴールデンウィークでしたから、それなりに賑わっていましたが、平日は大丈夫か?なんてね(要らぬお世話かもしれませんが)。
食品を扱う方が、こうした手袋をするのは見慣れましたね。いつからかは分かりませんが、確かに昔は素手でした。
素手では衛生的にどうか、という意見もあって、衛生面で配慮してます、ということを目に見える形で表したのが、こうした手袋なんでしょう。
良い時代になったのか、人の温もりが遠ざかったのか、難しいですね。
by ジュニアユース (2017-05-09 21:26)