So-net無料ブログ作成

家族旅行 2019(前編) [日々の徒然]

たぶん皆さんが予想されたように、前回の記事は前振りです。今年も家族旅行に行ってきました。
一昨年の2017年に、子供たちが発案して、費用を負担して、私たち親を招待するといった形で始まった家族全員。昨年2018年にも、今度は全員割り勘で行ったことは、このブログでご報告しました。そして3回目の今年です。今年は、私個人が費用全額負担して行ってきました。費用を負担する代わりに、旅程は私が全て決める、ということで。

家族旅行2019-1-1.jpg

今回の旅行の始まりは小田原駅。子供たちは電車で、私たち夫婦は車で、小田原駅で集合となっていましたが、残念なことに愚息1号が仕事の関係で合流が遅れ、午前11時に集まったのは4人。そこから車(今回は私のハリアーGR)で伊豆方面へ。まずは「伊豆の国パノラマパーク」に向かいました。
http://www.panoramapark.co.jp/
家族旅行2019-1-2.jpg

麓のレストランでランチバイキング。行ったのは土曜日だったこともあって、団体客で賑わっていましたが、旅行会社のツアーであろう団体客の皆さんは、一気に食べて、そそくさと出て行かれました。私たちの旅行は、基本的にの~んびりする旅ですから、久しぶりに会ったことだし、談笑を楽しみながらお腹を満たしました。

家族旅行2019-1-3.jpg

その後、片道約7分のロープウェイで葛城山の山頂へ。そんなに高い山ではないのですが(標高452m)天気が良ければ富士山が見えるはずでしたが、梅雨時ですから生憎の小雨で見えませんでした。ロープウェイ山頂駅で降りてからは、山頂付近を散策できるコースが設けられており、時間に余裕がある私達はツアー客を尻目に(途中からソフトクリーム片手に)の~んびり一周。

家族旅行2019-1-4.jpg

ロープウェイを降りてからは、車で10分ほどの今日の宿泊地「ホテル オリーブの木」へ。
http://izu.tokinosumika.com/olive/
家族旅行2019-1-5.jpg

ここはサッカーでよくお世話になった時之栖グループの宿泊施設で、ドーム型のコテージがいくつも並んでいて、一つのドームにベッドが4つ、ロフトを使えば6人まで宿泊可能というもの。円形だけあって、中は放射線状にベッドが4つ配置されています。

家族旅行2019-1-8.jpg

家族旅行2019-1-7.jpg

最新施設という訳ではありませんが、土曜宿泊なのに安価。そして決め手になったのは、隣接する温泉施設「百笑の湯」があること。そうなんです、伊豆温泉に来たからには「温泉に入りたい」というのが私の希望でして、この「百笑の湯」の利用料と「オリーブの木」宿泊のセットで予約したのでした。ちなみに今回の旅行は全て私が予約したのですが、以前から使っていたリクルート社の「じゃらん」を使いました。登録会員限定の割引クーポンが使えたこと、以前のポイントが残っていたこと、何日か前なら割引プランが使えたこと、などが理由です。
ここで愚息1号が合流。道路を挟んで隣接する「百笑の湯」に歩いて行くにはちょっと面倒でもありますが、その頃には雨も止んで、サウナに入ったり、マッサージチェア(無料)を使ったりしながら、1時間以上じっくり楽しむことができました。そして何より、久しぶりに家族5人全員が顔を揃えたのに、以前と変わらぬ談笑を楽しめたことが嬉しかったです。

家族旅行2019-1-6.jpg


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

紙の通帳 [日々の徒然]

紙の通帳.jpg

社会人として働き、生活している方々の多くは、銀行口座をお持ちのことと思います。私も複数の銀行口座を持っていますが、メインは三菱UFJ銀行です。私が社会人となって初めて銀行口座を開いたのが三菱銀行(当時)で、それ以降三菱銀行は東京銀行やUFJ銀行と合併したりして、長~い名前になったりしましたが、今もメインとして使っています。その三菱UFJ銀行から紙の通帳が無くなるかも、というニュースを見ました。
報道によれば、「新たに口座を作る人に原則として紙の通帳ではなく、デジタル通帳を利用してもらう方針」ということらしいです。「希望があれば紙の通帳を発行するが、そうでなければ、パソコンやスマートフォンから利用するデジタル通帳を使ってもらう」とのこと。2~3年前から、「デジタル通帳に切り替えませんか?」といったメールや案内が頻繁に来ていましたが、ついに紙の通帳を無くすことに本腰を入れたみたいです。最大手の三菱UFJがやりだせば、他行に飛び火するでしょうね。確かにデジタル通帳なら、過去10年分の入出金の記録を見られるようにするらしいですし、今やスマートフォンを持つ人の割合がこんなに多い現状では、デジタル通帳にしたとて不便を感じる人は少ないのかもしれませんが、「何だかな~」と思ってしまう私は、もう時代遅れなんでしょうかネ。
銀行側の本心は、「紙の通帳なら一口座当たり年に200円かかる印紙税の負担を減らすのが狙い」らしいですが、それなら紙の通帳に毎年200円も印紙税をかける方を改変すべきだ、と思ってしまいましたが、どうでしょう。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

休診中 [日々の徒然]

私は歯医者が嫌いで、でも歯医者通いが非常に長い、と以前書いたことがあります。昨年末から今年の初めにかけても通っていました。今年2月にやっとそれも終わり、もうしばらくは大丈夫だろう、と思っていたのですが・・・

休診中.jpg

夕食を食べて、さあ溜まっている写真の編集でも、と机に向かったら、ボロッと歯が取れてしまいました。正確には、歯に被せてあった詰め物が取れたのですが、それが悪いことに連休初日。当然歯医者も休み。しかたなく、この連休中はなるべく柔らかいものを食べて過ごしていたのですが、連休が終わって直ぐに馴染みの歯医者に予約の電話を入れたところ、「先生がケガをしてしまって診療できません。来月の6月初旬にしか予約を受けられません」というではありませんか。医師も生身の体ですから、こうした事態になる事もあるでしょう。でも、これには暫し考え込みましたよ、だってまだ一か月近く先なのですから。
こうした場合、できるだけ早く歯医者に行けば、意外と時間がかからずに治るのは分かっています。けれどまあ時期が悪い、そして一か月近く待たなければならないなんて、なんと運が悪い。医者というのは、特に歯医者となると、過去の経緯やデータを持っている馴染みの医院が良いのは間違いない(信頼しているからこそ、その医者に二十年近くお世話になっているのですから)。今さら探して見知らぬ歯医者に行くのには勇気が要ります。こんな場合、皆さんならどうしますか。
しかし悪くなった歯は、放っておいて良くなることは絶対に無い、悪くなる一方です。そこで、フッと思い出したのが、以前住んでいた臨家の息子さんが歯科医院を開業した話。全く知らないところに行くなら、せめて少しでも縁のあるところがイイかな、と早速電話してみました。しかし、連休明けで予約が一杯。何とか頼み込んで、今日の予約の最後に付け加えてもらいました。
結局一時間以上も待たされましたが、無理を言って来た私にすごく優しく丁寧な応対をする方で、当面はコレで大丈夫、というところまでやってくれました。私がその日の最後の患者だったこともあって、診療終了時間を大幅にオーバーしてまで(私が終わった時には看護師さんは皆帰ってました)、きっちりやってくれたこのお医者さんに感謝です。これでしばらく安心して食べられるのと、しばらくこの医院に通ってみようという気になりました。
今まで何年もお世話になった医院を無下にするわけではありませんが、セカンドチョイスの必要性を感じてしまいました。皆さんも、歯は大切に!

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

新緑 2019 [日々の徒然]

パソコンの話の途中ですが、ちょっと一服。

新緑2019-1.jpg

桜は行ってしまいましたが、新しい緑が今年もやって来ました。
今日はあいにくの雨。でも、「雨は天の恵み」とも言います。その恵みを受けて、目に鮮やかな緑が、我が家のあちこちに見られるようになりました。
私はこの時期が、一年で一番好きです。

新緑2019-2.jpg

毎年、この生き生きとした新緑から、活力を受けている私です。

新緑2019-3.jpg





この前の日曜日は晴れ


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感