So-net無料ブログ作成

より速く! [カメラ機材]

さて、年も改まった1月6日、ニコンからプロ用高速連写機の新型Nikon D4が発表(2月16日発売開始予定)されたことは、皆さんもご存じだと思います。このD4に関して、私の感想というのは特には無いのですが、そのD4が初採用した「XQDメモリーカード」にはちょっと興味があります。
より速く1.jpg

このXQDのウリは、何と言っても書き込み速度で、1Gbps(125MB/秒)、Nikon D4で使えばRAWで100連写できる、とのこと。XQDカードの規格自体は速度理論値で2.5Gbps、将来的には5Gbpsに対応を予定。また技術的には理論上2TBの大容量化も可能、らしいです。今のところソニーが2月15日に16GBと32GBの2種を発売するとアナウンスされていますが、規格提案がSONY&Sandisk&Nikonということで、いづれSandisk製のものが発売されのかな、と思っていたら、今のところその予定は無い、とのこと。SONYの一眼には当然搭載してくるでしょうが(3600万画素には必須?)、今後の普及はどうでしょうね。キヤノンや他社も追従するのでしょうか。1DXは未対応ですが(CFのダブルスロット)、今後もし追従するようなら、SDHC/SDXCの替わって、低価格化・普及が進むと思われますが、それともSONYのメモリースティックのようになるのでしょうか。
そのSD CARDですが、Lexarからも600倍速と400倍速のものが発表されました。一時期、速度的にはコンパクトフラッシュ(CF)に見劣りしていたSDHC/SDXCですが、Sandiskが「Extreme Pro SDHC UHS-I」を45MB/秒を90MB/秒に引き上げた製品を昨年末に出してから、CFとSDの差はなくなりましたね(価格的にはSDの方が若干有利か)。

より速く2.jpg

そのCFですが、Lexarから150MB/秒(1000倍速)のCFcardが発表されました(2月発売予定)。Sandiskの現在の最速は、Extreme Proの100MB/秒(667倍速)ですから、現時点でカメラ用メディアとしては(SDやXQDも含めて)、これが最速かな。でも、当然Sandiskから同等製品が出るのは必定。発売当初は高価格でも、時期とともに下落するのが常のメモリーカードですから、一年後には(鬼に笑われそうですが)今の最速クラス(90MB/秒程度)が手の出しやすい価格になっているかもしれませんね。一年後も今の1D4を使い続けているであろう私としては、そちらを期待したいところです。
これらメディアの書き込み・読み出し速度の向上は、デジタル一眼だけでなく、動画のビデオカメラにも使われるからだと思われます。受け皿としてのUSB3.0も、徐々に普及してきているみたいですし、高画素化が一段落しそうとはいえ、使い勝手の面でも、こうした速度向上要求はまだまだ続きそうですね(物欲も)。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
副将

ジュニアユースさん

前回記事にコメントすべきでしたが、中日のフォトコン1席、そして今日発売のCAPAスポーツ部門での受賞 おめでとうございました!
私も地道に撮影を重ねてチャンスを見つけてフォトコン応募にチャレンジしていきたいと思います。
by 副将 (2012-01-20 23:17) 

ジュニアユース

副将さん、こんにちは。そして、ありがとうございます。
そうですね、地道にチャレンジを続けることが大事ですよね。別にフォトコンだけを目的にして
撮っているわけではないので、いろんな被写体を、いろんな角度から撮り続けることが、結果に
つながるのかなあ、なんて思ってしまいました。


by ジュニアユース (2012-01-21 11:19)