So-net無料ブログ作成

お土産 [日々の徒然]

昨年の愚息2号の事故は何だったんだろう、って今回の遠征の際、監督と話す機会がありました。この成長盛りの子達の生命力、回復力は凄いね、という結論でしたが、たぶん周りの多くの方々の、形にならない&目に見えない支援のおかげなのだと感謝しております。そして私が、こうしていつも通りにサッカー撮影できるのも、愚息が回復してくれた「お土産」なのかもしれません。
さて昨週は、ずっと大阪遠征で家を空けていた愚息2号。やっと帰ってきたと思いきや、先日は中学校の友人たちと遊園地へ。まあ、春休みを満喫しているご様子です。
愚息は、地元のクラブチームに所属しているのですが、チームメイトは、いろんな中学から集まってくる子達です。そこの活動が盛んだと、どうしてもその子達との付き合いが多くなります。でも、毎日通っている中学校の友人たちも大切にしてほしいと、私は常々思っていました。サッカーだけが全てではないですし、実際、中学校で同級生たちと接している時間の方が長いはずですし。愚息が事故で入院した折も、中学の同級生から、多くの励ましの手紙やら折り鶴をいただきましたしね。
その中学校の友人数人と、当県の遊園地へ電車とバスを乗り継いで、丸一日遊んできた、というわけです。そして、「お土産」と渡されたのがコレ↓です。まあ、特に何も言わずに送り出したのに、お土産を買ってくるとは、なかなか気の利く子になったものだと(親馬鹿ですが)思った次第。春休みも残りわずかですが、充実した休みになったことでしょう、きっと。

土産.JPG

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー